スマートフォンサイトへ

このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

企業情報 会社概要

サイト内の現在位置

日清エンジニアリング株式会社

パウダーテクノロジー&プロジェクトエンジニアリングで世界を拓く。

小麦の製粉をルーツとする世界最高レベルの粉粒体技術を基盤として、総合プラントメーカーを目指しているのが、日清エンジニアリング株式会社です。
“P&P(パウダーテクノロジー&プロジェクトエンジニアリング)で世界を拓く”をスローガンに、粉体加工から機器製作販売、工場建設まで幅広い技術領域でお客様をサポートします。

産業界のさまざまな要請に応える「総合プラントメーカー」。

日清エンジニアリング株式会社は粉粒体ハンドリングをコア技術に、食品工場などのプラントエンジニアリング事業、自社開発した粉砕機や分級機等の機器製作販売事業、特徴ある自社機器を用いた粉体加工事業の3事業を中心に業容を拡大しています。産業界のさまざまな要請に応えられる総合プラントメーカーとして、製パン、製麺工場から冷凍・チルド食品や弁当・惣菜の工場まで多種多様な食品工場の建設に実績があり、さらには飲料、医薬・化粧品、化成品、電子材料、電池材料など幅広い分野に進出しています。

サイロプラント

日用品から宇宙産業まで広大なマーケットを持つ「粉体技術」とは。

例えば新素材の開発、その原料のほとんどは粉末の状態であり、高度な新素材ほど原材料の粉末にも微細さと均一さが厳しく要求されます。また、最終製品の加工にも粉粒体が欠かせません。日清エンジニアリングは小麦製粉をルーツに持ち、長い歴史に培われた世界最高レベルの技術で、極めて困難といわれる1ミクロンを下回る超微粒子製造も可能にします。特徴ある自社開発機器を用いた粉砕・分級加工や熱プラズマによるナノ粒子加工においては、開発用の少量製造から専用ラインによる大量製造まで対応し、お客様のアウトソーシングニーズにお応えするなど各専門分野から高い評価を得ています。

粉体事業部

概要

事業内容 穀類、食品、化学製品などの生産加工設備の設計、監理および工事の請負ならびに粉体加工、機器販売。
本社所在地 東京都中央区日本橋小網町14番1号
取締役社長 村田 博
設立 1972(昭和47)年4月
資本金 107百万円