このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

CSRの窓 環境保全

サイト内の現在位置

生物多様性への配慮

私たちの
基本姿勢
企業活動によって生ずる環境への影響は地球環境全体にも影響すること、地球環境保全は企業の存続と活動の必須要件であることを認識し、「日清製粉グループ環境基本方針」にもとづき、自主的・積極的に廃棄物やCO2を削減するとともに、資源やエネルギーの有効活用を図る等の環境保全活動を推進します。

日清製粉グループの事業や製品にとって自然の恵みは欠くことのできないものです。生物多様性と事業活動や日常生活とのつながりについて、社員が理解するための情報提供や勉強会の開催をしています。また、認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラストや公益信託経団連自然保護基金への協賛などを通じて、将来にわたって、自然の恵みが人々の健康で豊かな生活づくりの支えになるよう、取り組んでいます。

霧多布湿原ナショナルトラストを支援

北海道厚岸郡浜中町にある霧多布湿原は国内では3番目に大きな湿原で、多様な生物を育み、水鳥の生息地としても非常に重要な湿地として、ラムサール条約に登録されています。日清製粉グループ本社は、この素晴らしい湿原を未来に伝えるため、民有地の買い取りや湿原の保全活動を行っている認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラストを支援しています。

写真
湿原とエゾカンゾウ
写真
初夏には、黄色いエゾカンゾウなどが湿原一面を彩るため、花の湿原とよばれています。
写真
琵琶瀬展望台から望む霧多布湿原

地域とのつながり・生物相調査(製粉ミュージアム)

創業の地、群馬県館林市にある企業文化施設「製粉ミュージアム」では、地域の自然や生物とのつながりを調査しました。その結果、地域に生息する多種の鳥やチョウが飛来することがわかりました。

写真
製粉ミュージアム

地域の水辺を保全するために(日清STC製粉(タイ))

日清STC製粉(タイ)では水辺のマングローブ林を再生する活動に約100名の従業員が参加しました。マングローブ林は地球温暖化の主要因とされる二酸化炭素を吸収・貯蔵するほか、多様な生物の棲み処となります。また、高波や津波などの災害から地域のくらしを守ることが期待されます。

写真
サムットプラーカーン県にある海岸における植林の様子