このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

CSRの窓 経営体制

サイト内の現在位置

社会的責任への基本姿勢とマネジメント

私たちの
基本姿勢
より良い社会を築く礎となり、企業価値を高めます。

2002年10月、社会から信頼され、末永く発展していくために、「日清製粉グループの企業行動規範・社員行動指針」を定めました。
この「企業行動規範及び社員行動指針」には、お客様、株主、社員、取引先、社会に対する当社グループの責任と倫理的観点から社員がとるべき行動がまとめられています。
社員は、自分の行動について懸念が生じた場合には、この「企業行動規範及び社員行動指針」を参照します。

この規範・指針の実践を通じて、社会の一員として企業価値があり、社員が誇りに思える企業グループであり続けるよう積極的に取り組みます。

社会委員会

日清製粉グループの「企業理念」、「企業行動規範及び社員行動指針」にもとづき、企業の社会的責任(CSR)への取り組みを推進するために、取締役会の下に社会委員会を設置しています。社会委員会は当社グループが各ステークホルダー(お客様・株主・社員・取引先・社会)から支持され、時代と社会の要請に応えるものとしていくために、次の活動を行っています。

(1)「日清製粉グループの企業行動規範及び社員行動指針」で示されている企業としての基本姿勢や社員としての基本的な心構えや行動基準を基に、グループ各社、各役員・社員が日常の業務遂行において主体的に実践すべきCSRへの取り組みを促進する。

(2)「日清製粉グループの企業行動規範及び社員行動指針」の実践、遵守のための諸制度、仕組み、取り組みの形骸化防止、有効性の検証、新たな取り組みの検討を提言する。

規範及び指針の実践

当社グループでは「規範・指針カード」の携帯、「CSR推進月間(毎年10月)」での活動推進、「ケーススタディ社員行動指針」の社内イントラネット掲示など、社員一人ひとりが高い意識を持ち、業務のなかで問題点を自ら発見して改善できるよう取り組んでいます。

CSR推進月間

当社グループでは毎年10月を「CSR推進月間」とし、「企業行動規範及び社員行動指針」の遵守をテーマに、各職場でのグループディスカッションを通じ社員の主体的な取り組みを促進しています。2016年度は250の職場でグループディスカッション(意見交換会)が開催されました。
こうした議論の場により、従業員が「企業行動規範及び社員行動指針」の遵守について、積極的に意見を述べることができる環境を提供しています。

コンプライアンス研修

当社グループでは新人、若手社員、新任管理職の3階層に分けて研修をそれぞれ年1回ずつ実施しており、その中で「コンプライアンス」に関する研修を実施し、「企業行動規範及び社員行動指針」の遵守について浸透を図っています。

コンプライアンス研修について

社員の評価制度への反映

社内のコンプライアンス意識を高めるために、2006年度から社員の賞与評定に「コンプライアンス実践度」の評価要素を反映しています。

相談・通報制度

当社グループでは、「企業行動規範及び社員行動指針」を逸脱した不正行為の懸念を抱いた場合には、従業員だけでなく、関連会社やグループ会社の取引事業者の従業員など、当社グループの従業員等以外の者から通報等があった場合についても、受け付けています。

コンプライアンス・ホットライン制度

日清製粉グループ企業行動規範・社員行動指針