このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

CSRの窓 経営体制

サイト内の現在位置

社会的責任への基本姿勢とマネジメント

私たちの
基本姿勢
より良い社会を築く礎となり、企業価値を高めます。

当社グループの社会的責任とは、市場原理・自由経済の原則を守り、自らの倫理的責任を果たしながら、よりよい社会を築く礎となるために社会の要請に応えることです。

2002年10月、社会から信頼され、末永く発展していくために、「日清製粉グループの企業行動規範・社員行動指針」を定めました。

この規範・指針の実践を通じて、社会の一員として企業価値があり、社員が誇りに思える企業グループであり続けるよう積極的に取り組みます。

社会委員会

当社グループの「企業理念」、「企業行動規範・社員行動指針」にもとづき、企業の社会的責任(CSR)への取り組みを推進するために、取締役会の下に社会委員会を設置しています。また、社会委員会の下部組織として、社会委員会ワーキングチームを設置し、社会委員会の指示に基づき当社グループのCSRの現状確認・課題抽出、課題の具体策を検討・立案し、社会委員会に答申する体制を整備しています。CSRへの取組み状況、ワーキングチームの活動状況は、取締役会・グループ運営会議に報告しています。

社会委員会は当社グループが各ステークホルダーから支持され、時代と社会の要請に応えるものとしていくために、次の活動を行っています。

(1)CSRへの取り組み促進

「日清製粉グループの企業行動規範・社員行動指針」で示されている企業としての基本姿勢や社員としての基本的な心構えや行動基準をもとに、グループ各社、各役員・社員が日常の業務遂行において主体的に実践すべきCSRへの取り組みを促進する。

(2)CSR課題への取り組み状況の確認・協議

CSR課題はグループ全体の課題としてグループ本社・各事業会社が一体となって取り組むべきものであり、社会委員会ではグループ本社・事業会社におけるCSR課題への取り組み状況の確認および協議を行う。

CSRの意識の浸透

当社グループでは「規範・指針カード」の携帯、「CSR推進月間(毎年10月)」での活動推進、「ケーススタディ社員行動指針」の社内イントラネット掲示など、社員一人ひとりが高い意識を持ち、業務のなかで問題点を自ら発見して改善できるよう取り組んでいます。

CSR懇談会の開催

企業行動規範・社員行動指針とCSRについての講義、ビデオ視聴、「ケーススタディ社員行動指針」を題材とした懇談・意見交換などを小規模で継続的に行っています。

社員の評価制度への反映

社内のコンプライアンス意識を高めるために、2006年度から社員の賞与評定に「コンプライアンス実践度」の評価要素を反映しています。

CSR推進月間

当社グループでは10月を「CSR推進月間」とし、標語の募集・優秀作品の掲示、地域交流・社会貢献活動の実態調査の実施や各職場でのグループワークを通じ社員の主体的な取り組みを促進しています。各職場で、集中的に啓発を行うため、CSR推進のよい契機となっています。

日清製粉グループ企業行動規範・社員行動指針