このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

CSRの窓 社会活動 社員とともに

サイト内の現在位置

働きがいのある職場づくり

人間性と多様性を尊重し、ワーク・ライフ・バランスに配慮した職場づくりに取り組んでいます。

人間性と多様性尊重への基本姿勢

人間性を尊重し、快適で働きがいのある職場づくりを目指します

当社グループでは、企業行動規範のなかで「人間性の尊重」を掲げ、事業活動のあらゆる分野において人間性を尊重し、個人の尊厳を傷つける行為を一切行わないことを定めています。また、社員一人ひとりのライフステージにあわせた柔軟な制度の充実や、働きがいのある職場環境づくりに取り組んでいます。

人間性を尊重した働きやすい職場づくり

人種・国籍・性別・年齢・障がいの有無をはじめ、価値観・宗教・信条等の違いを認め合い、お互いを尊重し合う職場づくりを目指し、人権啓発研修をはじめとした活動を推進しています。

障がい者の雇用促進

当社グループでは障がい者の雇用に取り組んでおり、2015年度の(株)日清製粉グループ本社の障がい者雇用率は、法定雇用率2.0%を上回る2.31%となりました。

障がい者雇用率 [(株)日清製粉グループ本社単独]
グラフ

定年退職者の再雇用

満60歳で定年退職した社員に対し、最長65歳まで働く機会を提供する「エルダー社員制度」を2002年から運用しています。経験、知識が豊富なエルダー社員は、若手社員への技術伝承も行い、当社グループで活躍しています。

  • (株)日清製粉グループ本社、日清製粉(株)、日清フーズ(株)、日清ペットフード(株)、日清ファルマ(株)、日清エンジニアリング(株)、日清アソシエイツ(株)、日清製粉プレミックス(株)の8社。

女性の活躍を推進

当社グループでは、女性の活躍推進を経営戦略上の重要な柱の一つと位置づけています。新卒採用では、グループとしてガイドラインを定めて女性の積極的な採用を推進しています。また、女性総合職のビジネスリーダー研修への派遣やメンタリングの実施など、育成面を含めて女性のキャリアアップを積極的に支援しています。今後はこうした取り組みを更に強化し、女性社員及び女性管理職の着実な増加を実現していきます。

日清製粉グループ各社の女性活躍推進法行動計画

日清製粉グループ各社では「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づき、女性社員を増やし、更に活躍できる雇用環境の整備を行うため、女性活躍推進法行動計画を策定し、自社の女性の活躍に関する情報公表を行っています。

現在の計画期間
  • 平成28年4月1日〜平成31年3月31日
    (株)日清製粉グループ本社、日清製粉(株)、日清フーズ(株)、(株)NBCメッシュテック
  • 平成28年4月1日〜平成30年3月31日
    オリエンタル酵母工業(株)

次世代育成支援対策推進法への取り組み

グループ各社では、社員が仕事と育児を両立しやすい環境を整備すべく、「次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画」に取り組んでおり、子育て支援対策に取り組む企業として認定を受けています。

日清製粉グループ各社の次世代育成支援行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員がより働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、日清製粉グループ各社では次世代育成支援行動計画を策定し、取組みを行っています。

現在の取組み期間
  • 平成27年4月1日〜平成29年3月31日
    (株)日清製粉グループ本社、日清製粉(株)、日清フーズ(株)、日清ファルマ(株)、日清エンジニアリング(株)、日清ペットフード(株)、日清製粉プレミックス(株)、日清アソシエイツ(株)
  • 平成28年4月1日〜平成30年3月31日
    オリエンタル酵母工業(株)
  • 平成26年4月1日〜平成29年3月31日
    (株)NBCメッシュテック

仕事と家庭の両立支援

個人の価値観やライフスタイルに応じて、社員が仕事と家庭のバランス(ワーク・ライフ・バランス)を取ることができ、そのなかで一人ひとりが最大能力を発揮できるよう、各種制度・態勢の整備をすすめています。

グループ各社では、仕事と家庭の両立がしやすい職場風土づくりを目指し、さまざまな制度導入や取り組みを実施しています。今後も、制度が十分に活用されるよう一層取り組んでいきます。

[取り組み例]ノー残業デー(部署単位、本部単位)/全社一斉ノー残業デー/記念日休暇(年休取得促進)/育児関連制度に関するQ&Aの周知(イントラネット掲示、ハンドブック配布)/育児に関する制度を相談できる窓口の設置/出産前の社員とその上司に対して利用できる制度の説明を実施/子が誕生した男性社員への育児関連制度紹介/育児休職中の女性社員との面談/保育所入所に関する情報提供・アドバイスを行うサービスの提供

育児・介護支援制度の仕組み(グループ会社の制度例)
妊娠、出産、
育児支援
  • 産前・産後各45日間の有給休暇
  • 配偶者出産時の3日間の有給休暇
  • 最大2年間の育児休職
  • 育児休職の一部日数有給

  • 勤務時間・始業時刻・終業時刻を選択できる短時間勤務制度(子の小学校就学まで)
  • 時間外労働または休日労働の免除(子の小学校就学まで)
  • 子の看護休暇(時間単位)
  • 育児費用補助(ベビーシッター、ファミリーサポート利用)
  • 育児期間中に選択できるコース転換制度
  • 出産・育児等の理由で退職する社員の再雇用制度
介護支援
  • 介護休暇
  • 複数回での取得(合計93日)または連続最長1年間の介護休職
  • 無利息での介護休職貸付金
  • 介護費用補助(介護保険によるサービス利用)
  • 療養・介護休暇
  • (株)日清製粉グループ本社、日清製粉(株)、日清フーズ(株)、日清エンジニアリング(株)日清ペットフード(株)、日清ファルマ(株)の制度例です。
短時間勤務制度を利用して
写真
日清フーズ渇チ工食品事業部
第三部営業グループ
押部瑠美子

夫婦共に実家が遠く、周囲に頼れる人がいないことから、2人の子供の子育てと仕事を両立するために短時間勤務制度を利用しています。
時間的な制約がある中で業務を行う大変さはありますが、全てにおいて優先順位をつけ、業務の効率化を図ることで、短い時間の中でも重要な業務に取組み、濃密な時間を過ごしています。また、職場の方々や社外の方々の理解と協力もあって、安心して短時間勤務を続けていくことができています。
そして何よりも、短時間勤務を利用することで、フルタイムで働いていた時より育児に時間をかけることが出来、とても充実した日々を送っています。

リフレッシュ休暇制度

心身をリフレッシュし、その後の生活設計を考える一助とする目的で、年次有給休暇とは別に、会社生活の節目の満年齢に連続した休暇を付与する制度があり、積極的に活用されています。

年齢と連続休暇日数
年齢 連続休暇日数
満35歳 連続4日間
満45歳 連続8日間
満55歳 連続4日間

勤続満3年以上の社員が対象。
年齢は4月1日現在の満年齢基準による。

海外事業所の取り組み

当社グループでは、すべての海外事業拠点(現地法人)において、ILOをはじめとした国際的規律を遵守した雇用を行っています。特に主要な海外事業拠点であるアジア地域では、雇用の最低年齢や年齢の確認方法、実際の雇用状況についての定期的な調査を2007年度から実施しています。

さらに、こうした海外子会社へ技術者や生産担当者を派遣して安全基準の徹底を図るとともに、積極的に技術伝承をしています。また、マネージャー職への登用や研修を目的に、現地社員の日本への派遣も行い、現地社員の成長を支援しています。

人権啓発の取り組み

人権習慣に際し、グループ本社大枝社長より「人権尊重」の取り組みについて」のトップメッセージが発信されました。

当社グループはお互いの人間性を尊重した働きやすい職場づくりを目指して、人権に対する意識を高めるために、専門部署を設置しています。(株)日清製粉グループ本社人権啓発室では、すべての役員・社員を対象に毎年人権啓発研修を実施しています。2015年度は「さまざまな人権とその課題〜これって人権的にどうなの〜」をテーマに、身近な問題として人権を考えると共に、人権視点で日常業務に取り組むよう啓発を行いました。

毎年の人権週間の行事の一環として、人権啓発標語の募集を行っており、従業員およびその家族から毎年多くの作品が寄せられます。2015年度は約3100点の応募がありました。

人権啓発標語優秀作品
  • その言葉 心がなければ危険物 思いがあれば 贈り物
  • 笑顔絶やさぬ人にこそ あるかもしれない 心の痛み
  • 十人十色があたりまえ 混ざれば文化 分ければ差別