このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

CSRの窓 理念・方針

サイト内の現在位置

消費者志向自主宣言

理念

「信を万事の本と為す」と「時代への適合」を社是とし、「健康で豊かな生活づくりに貢献する」ことを企業理念として、生活産業をグローバルに展開してゆきます。

取組方針

  1. 社長メッセージ(経営トップのコミットメント)
    「社会にとって真に必要な企業グループであり続けるため、食品安全、内部統制システムへの取組み、コンプライアンスの徹底、環境保全・社会貢献・人権尊重等、企業の社会的責任(CSR)を果たしつつ、「安全」・「安心」・「健康」をお届けする企業グループとして、株主、顧客、取引先、社員、社会等のすべてのステークホルダーから積極的に支持されるべく努力を重ねております。」 とのメッセージをホームページに記しております。
  2. コーポレートガバナンスの確保
    • 「社員が誇りに思えるグループであり続ける」「長期的に見たグループ価値を増大する」ためには企業統治(コーポレートガバナンス)と内部統制の強化が重要であると認識しています。
    • 当社グループは、持続的な成長と長期的な企業価値の極大化を目指して、機能的な経営体制の整備と責任の明確化を図るとともに、各ステークホルダーの立場を尊重し、透明性が高く、迅速かつ適切に意思決定を行う経営を推進することをコーポレートガバナンスに関する基本的な考え方としております。
  3. 従業員の積極的活動(企業風土や従業員の意識の醸成)
    • 消費者行政や消費者団体等の情報を、経営幹部および従業員に適宜伝達・共有しグループ内の消費者志向意識の向上を図ります。
    • 多様化する消費者の皆様の声に応えるために、消費者志向経営に関する研修を実施し、経営幹部・社員のレベル向上を目指します。
  4. 社内各部門の有機的な連携(事業関連部門と品消法関連部門との有機的な連携)
    • 生活者・事業者のニーズ・ウォンツを的確に把握し、信頼をベースに安全・安心かつ高品質の製品やサービスを提供することにより、常に最大の満足を得ていただくよう努めます。
    • 消費者の信頼を損ねる恐れのある事故が発生した場合には、社員は速やかに経営トップに通報し、経営トップはただちに重要品質事故対策本部を立ち上げ、詳細な事実確認、原因調査、回収の検討、再発防止対策に取り組み、問題解決にあたります。
      ※品質保証部門、消費者・顧客対応部門及び法務部などのコンプライアンス関連部門の総称。
  5. 消費者への情報提供の充実・双方向の情報交換
    • 当社グループは、さまざまな機会を通じてステークホルダーの方々とコミュニケーションを図りながら、各ステークホルダーから積極的に支持され続けるグループになるよう努めます。
  6. 消費者・社会の要望を踏まえた改善・開発
    • 消費者の皆様の声を事業活動に反映させ、消費者満足度向上に努めるとともに、消費者起点の企業活動を目指します。

2017年4月1日
株式会社日清製粉グループ本社
代表取締役社長 見目 信樹