このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

学ぶ・楽しむ

サイト内の現在位置

小麦粉百科

小麦粉編

パスタ編

小麦粉編

小麦粉の基礎知識小麦の種類小麦粉ができるまで 小麦粉の歴史・文化

小麦粉ができるまで

小麦粉ができるまでをみてみよう!

原料の受け入れ

小麦が貯蔵されるサイロ

小麦が貯蔵されるサイロ

小麦は巨大な穀物船で運ばれてきます。製粉工場の専用港に到着後、機械で小麦を一気に吸い上げて船から降ろします。小麦はサイロと呼ばれる貯蔵庫にいったん貯めておきます。

挽砕(ばんさい)

ロール機

ロール機

サイロに貯めておいた小麦を、ロール機という機械で砕いていきます。ロール機を通して砕いた小麦はふるいにかけられ、さらに何台もの複数種類のロール機にかけます。この作業を繰り返すことで、小麦粉の粒がだんだん細かくなっていきます。

ふるい分け

シフター

シフター

ロール機で細かく砕いた小麦の粒は、シフターと呼ばれる大きなふるいにかけられます。ふすま(表皮)の部分は、シフターではふるい分けきれないので、ピュリファイヤーという機械で風の力を利用して取りのぞきます。
その後また、ロール機、シフター、ピュリファイヤーと、この作業を何度も繰り返すことで、皆さんのご家庭に届く小麦粉が完成します。

検査・包装・出荷

包装機

包装機

小麦粉は品質検査を受け、機械で自動的に計量して包装されます。念のため金属探知機にも通し、重さももう一度正しいかチェックして、ようやく出荷されていきます。