日清製粉グループ


アンティパスト(前菜)
ネギのグラタン
日本の長ネギをイタリア料理にすると違った風味が楽しめます。
加熱して甘みを引き出し、とろっと柔らかくしていただきます。
冬に多く出回る太い長ネギの美味しさを引き立てるグラタンです。

材料(4人分)
長ネギ:2本
バター:60g
小麦粉:60g
牛乳:500cc
パルメザンチーズ:大さじ2
塩:適量
※写真は使用する主な材料です。分量は4人分ではありません。
作り方
1 長ネギは5〜6cmの長さに切り、さっと塩ゆでし、キッチンペーパーで水気をふき取っておく。
2 鍋にバターを入れて火にかけバターが溶けたら火を止めて、ふるった小麦粉を加えて混ぜ合わせる。そこへ、温めた牛乳を2〜3回に分けて加えてよく混ぜ、ほど良い硬さになったら弱火で5分ほど煮込み、塩で味を調えホワイトソースを作る。
3 耐熱容器にバター(分量外)を塗って(2)のホワイトソースを半量程度入れ、(1)の長ネギを置く。上から残りのホワイトソースをかけ、ところどころにバター(分量外)をちぎってのせる。パルメザンチーズをふって200度に温めたオーブンで約15分焼く。
 
調理のポイント
イタリアではポアローやリーキと呼ばれる地中海原産の西洋ネギを使います。白い部分が太くて短い形は、日本の下仁田ネギに似ています。日本の長ネギと違って、スープ煮やグラタンなど、おもに加熱調理されます。

アンティパストのインデックスへ戻る
おすすめ関連サイト
  • おいしい!しかも簡単!節電・省エネなるほどレシピ(新しいウィンドウが開きます)
  • お菓子百科クラブ(新しいウィンドウが開きます)
  • 青の洞窟クラブ(新しいウィンドウが開きます)

日清製粉グループ ホーム