日清製粉グループ

こむぎ粉くらぶ All About Flours And Flour Cooking
粉料理名鑑 粉料理名鑑レシピ 全国粉料理探訪 こなコラム 全国粉料理MAP
ホーム知る・楽しむこむぎ粉くらぶ粉料理名鑑うどんを打とう>5.のばす
粉料理名鑑
うどんを打とう
1.まぜる
2.こねる
3.ねかす
4.中もみ
5.のばす
6.切る
7.ゆでる
全工程をプリントアウト
全工程を動画で見る
ダイジェスト版を見る
粉料理名鑑[1]|うどんを打とう
5.のばす この工程を動画で見る
1|打ち粉をふる
麺棒登場の前に、作業がいくつか。まずは打ち粉をふります。のし台の上にぱっとひとふり、生地のほうにも少しまぶしつけてやります。打ち粉をふるのは麺棒や生地同士がくっつかないようにするため。打ち粉に小麦粉を使うとなじみがよすぎるので、片栗粉を使うとよいでしょう。
工程1 工程2 工程3
2|押してのばす
それでは麺棒の登場です。ただし、いきなり巻き付けません。まずは麺棒で押して、30cmほどの円形にのばします。まずは真ん中を押して、向こうのほうにぐっぐっぐっ、手前のほうにもぐっぐっぐっと押してやり、生地を90度回転。また麺棒で押しましょう。また回転、また押しての繰り返し。3、4回まわしたらだいたいOKなはずです。
工程1 工程2 工程3 工程4
3|巻いてのばす
ここでもう一度、生地に多めの打ち粉をふり、麺棒に巻いて伸ばしていきます。麺棒を手前から巻き付けたら、体重を乗せながらごろごろ転がしてのばします。ほどよくのびたと思ったら、生地が巻き付いたままの状態で麺棒を縦向きにし、ぐるぐる回して麺棒をはずしてください。この作業により、生地が90度回転しました。そうしたらまた同じように、手前から生地を巻き取ってのばします。
以上を何度か繰り返しているうちに、生地が四角く広がっていくでしょう。厚さの目安は約3mm。端のほうが薄くなりやすいので気を付けながら、なるべく均一になるよう心がけましょう。なれないと少し難しいかもしれませんが、コツをつかめばなかなか楽しいものですよ。
工程1 工程2 工程3 工程4
前へ 次へ

日清製粉グループ ホーム