日清製粉グループ

こむぎ粉くらぶ All About Flours And Flour Cooking
粉料理名鑑 粉料理名鑑レシピ 全国粉料理探訪 こなコラム 全国粉料理MAP
ホーム知る・楽しむこむぎ粉くらぶ粉料理名鑑うどんを打とう>6.切る
粉料理名鑑
うどんを打とう
1.まぜる
2.こねる
3.ねかす
4.中もみ
5.のばす
6.切る
7.ゆでる
全工程をプリントアウト
全工程を動画で見る
ダイジェスト版を見る
粉料理名鑑[1]|うどんを打とう
6.切る この工程を動画で見る
1|打ち粉をふる
切りやすい形に、たたみます。が、その前に忘れてはならないのは打ち粉。のばした生地の上にたっぷり打ち粉をふります。切るときはかなりくっつきやすいので、打ち粉は多いかなと思うくらいでも大丈夫です。まな板の上にも打ち粉をしておきます。
工程1 工程2
2|たたむ
生地をびょうぶだたみにします。包丁で切りやすい幅にしておきましょう。たたんだら、打ち粉をしたまな板の上にそっと乗せます。生地にも再び打ち粉をしておきましょう。
工程1 工程2 工程3
3|切る
打ち粉をしましたか? では、切っていきます。切る幅は、生地の厚さと同じ3mmくらい。ちょっと細いような気もしますが、ゆでたときに1.5倍ほどの太さになるので、このくらいがベスト。切るのは、ゆっくりやってかまいません。見栄えに影響するところですから慎重にいきましょう。
工程1 工程2
4|打ち粉をはらう
たたんであった麺を開き、1人前の分量をつまみ上げたら、いきおいよく(しかし麺が切れないように)打ち粉をはらい、麺をほぐします。いま切った麺の断面は特にくっつきやすいので、打ち粉をはらうと同時に、その断面にも軽く打ち粉がつくようにするとよいでしょう。
工程1 工程2
職人さんは幅の広い麺切り包丁を使用しています。この包丁は刃がまっすぐになっているので、ぐっと押すだけでよく切れます。ご家庭にはない場合がほとんどですが、ふつうの万能包丁のようなものでもじゅうぶんです。ただし、刃がまるくなっていると、端のほうが切れずにくっついてしまいがち。その点を留意しながら切るとうまくいくと思います。
前へ 次へ

日清製粉グループ ホーム