日清製粉グループ

おやこなランド

おやこでつくろう!こなレシピ

お絵かきマドレーヌ

レシピ一覧

洋菓子の基本レシピ・マドレーヌ。
「マドレーヌシェル型」で焼くタイプがよく知られています。
ここでは、いろんな型に入れて焼きました。

ペン型チョコレートでお絵かきすれば、オリジナルケーキの完成!


お絵かきマドレーヌ

材料

【分量の目安】

シェル型・・・16個分
ミニシリコンカップ(底直径32mm)・・・20個分
紙ケーキ型(底直径77mm)・・・10個分

日清 フラワー(薄力小麦粉) 100g
日清 ベーキングパウダー 3g
グラニュー糖 100g
2個(100g)
バニラオイル 少量
レモンの皮 少量
バター(無塩) 100g

作り方

1 はかる ここできちんとはかってくのが、おいしさへの近道!

材料をきちんとはかり、粉類は合わせてふるってボウルに入れます。

おやこなポイント!

おいしいお菓子を作るには、材料をきちんとはかることが大切です。
はかりや、計量カップ、計量スプーンを使いましょう。

2 すりおろす・溶かす お菓子ならではの工程を楽しみましょう!

レモンの皮をすりおろします。
バターは湯せんにかけて溶かします。

おやこなポイント!

  • 湯せんは材料に間接的に火を通す方法です。鍋に湯を沸かし、バターを入れた耐熱容器を入れます。
    耐熱容器の中は沸騰しないので熱がやわらかに伝わり、焦げずに仕上がります。
  • 鍋や耐熱容器は熱いので、取り出すときは厚手の布巾やミトンを使いましょう。

3 まぜる(1) 材料がなじんでいく感触がおもしろい!

ボウルに薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ、グラニュー糖を加えてざっとまぜます。

おやこなポイント!

粉類はきちんとふるっておきましょう。
これが生地にダマを作らないコツです。

4 まぜる(2)卵はよく溶いてから入れよう!

溶いた卵を加えて、泡立て器でなめらかになるまでまぜます。
バニラオイル、レモンの皮、溶かしバターを加えます。

おやこなポイント!

ふっくらした生地にするために、卵はよく溶きほぐしましょう。

5 休ませる 生地を2~3時間休ませます。

ラップをかけて冷蔵庫で2~3時間休ませます。
前日に作って一晩寝かせてもOKです。

おやこなポイント!

生地を休ませると、材料がなじんできめの細かい生地に焼き上がります。
休ませた後は、一度生地全体をまぜ合わせましょう。

6 型の準備 好みの型を準備しましょう♪

好みの型を準備したら、生地を焼き型の7分目まで入れます。

おやこなポイント!

焼き型によっては、バター(分量外)を塗り、強力粉(分量外)を薄くはたいて冷蔵庫にしばらくおいてから使う場合もあります。
生地はスプーンで流し入れても、絞り袋に入れて絞り出しても、どちらでもOKです。

7 焼く 焼き上がりが楽しみ!

180℃に予熱したオーブンで14~15分焼きます。
(ミニシリコンカップや紙型の場合)

おやこなポイント!

型の大きさによって、焼き時間は変わります。
大きめの型を使う場合は、温度を低め・時間を長めに設定しましょう。

8 焼きあがり おいしくできたかな?

焼き上がったら、網(ケーキクーラー)にのせ、冷まします。

おやこなポイント!

  • オーブンは熱いので、火傷しないように注意しましょう。
  • 焼き上がって取り出すときは、オーブンミトンを忘れずに。

※小さなミトンがないときは、子ども用軍手を2枚重ねにして、ミトン変わりにすると便利です。子ども専用の道具があると、モチベーションはとってもアップします。

9 お絵かき&デコレーション デコペンでアレンジ!

冷めたマドレーヌにデコペンで、好きな模様や絵を描きましょう。

おやこなポイント!

デコペンはケーキやクッキーに文字やイラストをかけるペン型チョコレート。製菓材料店などで市販されています。
焼きたては、中がふんわり、周りはサックリとしたおいしさ。
バターたっぷりのマドレーヌ生地は日ごとに味が変わっていきます。
その違いを楽しんでください。

できあがり!

完成写真

ページの上へ戻る

MENU

こなレシピ 基本の道具

O[v z[