このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

阿波っこクレープ バッテラ調

材料

4人分

100ml
400g
スダチ果汁(皮・芯を除いて) 大さじ2
砂糖 80g
スダチ 1ヶ
鳴門金時(サツマイモ) 200g
牛乳 60ml
40g
日清 フラワー(薄力小麦粉) 35g
バター 15g
サラダ油 10g
バニラエッセンス 少々

作り方

1

梨ジャムを作る 梨の皮をむき、種を除き、5mm角のさいの目切りにする。梨と砂糖とスダチ果汁を鍋に入れ水分がほとんどなくなるまで中火~弱火で煮る。ざるで汁気をきる。

2

鳴門金時(サツマイモ)を柔らかくなるまで蒸して、皮をむきつぶしておく。

3

(2)に梨ジャムの1/4量(鳴門金時がぱさつくときはジャムの水分を加える)を加えてよく混ぜる。

4

クレープを作る ボールに卵を割り入れ、小麦粉を混ぜ、それに牛乳を少しずつ加えてのばしていき、よく混ぜ、溶かしたバターとバニラエッセンスを加える。

5

クレープを焼く 厚手のフライパンを十分にから焼きして、サラダ油を紙でふき込み、油をよくなじませる。(底の直径が25~26cmぐらいなら1枚、21~22cmくらいなら2枚に分けて焼く。仕上がりは一般的なクレープよりやや厚め)

6

生地を玉じゃくしに入れフライパンを回しながら、薄く丸く流し広げる。表面が乾いて裏面に薄く焼き色がついたら返してさっと火を通し皿に取る。

7

クレープが正方形に近くなるように丸みの部分を1~2cmずつカットし、梨ジャム(3/4量、水分は除く)、(3)の鳴門金時をのせて巻く。

8

大サイズなら8等分、小サイズなら各4等分し、薄い輪切り(大きさによっては半月切り)にしたスダチを飾る。

ワンポイント

第40回 FHJ-日清製粉グループ 「全国高校生料理コンクール」第40回記念特別賞
徳島県立城南高等学校1年富永 夕貴(とみながゆき)さんの作品

使用した食材への思いや工夫のポイント
私が生まれ育った徳島県の特産物の梨と鳴門金時を中身にしクレープを箱寿司風に作りました。見た目と味とのギャップが楽しいです。また、甘さだけではなく、徳島の代表ともいえるスダチをアクセントに用いました。酸っぱさがほどよくきいています。どの食材も今が旬です。一番おいしい阿波の味を届けることができたらと思います。

スマートフォンでこのレシピを見る

小麦粉&パスタレシピ

最近見たレシピ