このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

株主・投資家の皆様へ 経営方針

サイト内の現在位置

ディスクロージャーポリシー

基本姿勢…「日清製粉グループの企業行動規範」より

日清製粉グループ(以下当社という。)は、広報・IR活動を積極的に行い広く社会に対しグループ各社の事業活動に関する正確な情報を適時、適切、継続的に提供することにより、各ステークホルダーから正しい理解、評価、信頼を得られるように努めます。

情報開示方針

当社は、金融商品取引法及び東京証券取引所の定める開示規則に沿って、株主、投資家の投資判断に影響を与える決定事実、発生事実、決算に関する情報が発生した場合は、適切に情報開示を行っていきます。
また、適時開示規則に該当しない情報についても当社の判断により公平、迅速かつ広範囲な情報開示を行うことを情報開示の基本方針とします。

情報開示方法

適時開示に関する規則に該当する情報の開示は、同規則に従い東京証券取引所への事前説明の後、東京証券取引所の提供する適時開示情報システム(TD-net)に公開しています。TD-netにて公開する情報のホームページへの掲載に関しては、メディアへの発表後、できる限り速やかに掲載することにしています。有価証券報告書等は金融庁が提供する電子開示システム(EDINET)に公開しています。

沈黙期間

当社は決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、決算期日(四半期決算を含む)の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。
この期間は、決算に関するコメント、質問への一切の回答を控えさせていただきますのでご了承ください。但し、沈黙期間中に判明した業績予想と既発表の業績予想の差異が適時開示に該当する変動幅となることが明らかになった場合には、適時開示規則等に則り業績予想修正として情報開示してまいります。

情報開示体制

当社はこれらの情報開示について開示委員会の設置や当社グループの情報開示の方法等を定めています。