このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

お客様窓口 よくあるご質問

サイト内の現在位置

賞味期限、保存方法について

賞味期限が切れていますが、使用できますか。

「賞味期限」とは、「未開封状態」で「定められた方法で」保存していた商品の品質が保たれるという期限です。賞味期限を過ぎてすぐに使えないということではありませんが、期限を過ぎると商品の品質が損なわれていきますので、おすすめはできません。

小麦粉の賞味期間はどのくらいですか。

未開封状態で、強力粉は製造後6か月、薄力粉、中力粉は1年です。

小麦粉は開封後、どのように保存したらよいですか。

直射日光があたらず、極端に高温や湿気がたまりやすい場所でなければ、真夏でも常温での保管ができます。冷蔵庫での保管は、結露による固まりやカビの発生、冷蔵庫内のにおいがうつってしまうことがありますので、おすすめはしておりません。開封後は湿気や、虫害、においの移りを防ぐために、しっかり開け口を閉め、密閉できる容器に入れ、できるだけ早めに使い切りください。

天ぷら粉やから揚げ粉は。開封後どのように保存したらよいですか。

高温多湿の場所、直射日光を避けて保存してください。開封後は虫害による健康被害を防ぐため、必ず袋口を輪ゴム等でお閉めになり(チャック付の場合は袋口のチャックをお閉めになり)、冷蔵庫に保存し、お早めにお使いください。においの吸着を防ぐためには密閉容器に入れることをおすすめします。

お好み焼粉やたこ焼粉は、開封後どのように保存したらよいですか。

高温多湿の場所、直射日光を避けて保存してください。開封後は虫害による健康被害を防ぐため、必ず袋口を輪ゴム等でお閉めになり(チャック付の場合は袋口のチャックをお閉めになり)、冷蔵庫に保存し、お早めにお使いください。においの吸着を防ぐためには密閉容器に入れることをおすすめします。

ドライイーストは開封後、冷凍庫と冷蔵庫のどちらで保存したらよいですか。

袋口を折り曲げ、テープなどで密封した上で、冷蔵庫で保存することをおすすめします。冷凍庫は扉の開閉時や出し入れ時の温度変化が大きく、結露する可能性が高くなるため、品質が劣化する場合があります。

パスタは開封後、どのように保存したらよいですか。

高温多湿の場所、直射日光を避け保存してください。なお、開封後は虫害を防ぐため、しっかり密封して保存し、お早めにお召しあがりください。

うどん、ひやむぎ、そうめんの賞味期間が違うのはなぜですか。

それぞれの最適な品質を確認して決めています。うどんはコシを評価し、ひやむぎとそうめんはのど越しを評価しています。うどんは1年、ひやむぎは1年半、そうめんは2年です。

乾麺(そば、うどん等)は開封後、どのように保存したらよいですか。

高温多湿の場所、直射日光を避けて保存してください。開封後は虫害を防ぐため、必ず袋口を輪ゴム等でお閉めになり(チャック付の場合は袋口のチャックをお閉めになり)、お早めにお使いください。においの吸着を防ぐためには密閉容器に入れることをおすすめします。

ショートニングは開封後、どのように保存したらよいですか。

冷暗所で常温保存してください。冷蔵庫に入れると、油脂がかたまるので出しにくくなります。