日清製粉グループ


肉料理
ミラノ風カツレツ
パルメザンチーズの香りを活かしたおなじみのミラノ風カツレツ。
少ない油で揚げ焼き風にしてからバターの風味をつけると、濃厚ながらライトに仕上がります。
レモンの酸味でさっぱりと召し上がってください。

材料(4人分)
仔牛肉(または豚もも肉)1枚約80g:4枚
卵:2個
パルメザンチーズ:大さじ2
オリーブオイル:大さじ1
塩:小さじ1/2
パン粉(細かく砕く):適量
サラダオイル(揚げ油):適量
バター:大さじ1〜2
レモン:2個
ほうれん草:1/2束
塩・こしょう:適量
作り方
1 肉の筋を切り、たたいて伸ばし、軽く塩・こしょうし、パン粉をつける。
2 ボウルに卵、パルメザンチーズ、オリーブオイル、塩を混ぜ合わせ、卵液を作る。
3 (1)の肉を(2)の卵液にくぐらせてから、再度パン粉をつけ、よく押さえて落ち着かせる。包丁の背でグリル模様をつける。
4 付け合わせ用のほうれん草をさっと塩ゆでし、冷水にとって冷して水気をよくきり、3〜4cm長さに切っておく。
5 フライパンにサラダオイルを1cmほど入れて熱し、(3)を入れ、色よく揚げる。
6 (5)の揚げ油をきり、フライパンにバターを溶かして揚げた肉を入れ、バターの風味を両面につける。
7 (6)のフライパンに少量のバターを加え入れ、(4)のほうれん草をソテーする。
8 器にカツレツを盛り、切り分けたレモンと(7)のほうれん草のソテーを添える。
調理のポイント
肉の筋を切って、たたいて伸ばすことで、揚げたときに肉の収縮が少なく、形よく仕上がります。
パン粉をビニール袋に入れてめん棒やボトルで軽くたたいて細かくしましょう。パン粉の粒子を細かくするのがイタリア流です。
サラダオイルで揚げてからバターで風味をつけると、濃厚な味ながらカロリーも抑えられヘルシーです。
ここではほうれん草のバターソテーを添えていますが、ルッコラやレタスなどの生野菜でもよいでしょう。

肉料理のインデックスへ戻る
おすすめ関連サイト
  • おいしい!しかも簡単!節電・省エネなるほどレシピ(新しいウィンドウが開きます)
  • お菓子百科クラブ(新しいウィンドウが開きます)
  • 青の洞窟クラブ(新しいウィンドウが開きます)

日清製粉グループ ホーム