いちじくみそパイ

いちじくみそパイ
調理時間

54

材料

3人分

<パイ生地>
日清 フラワー(薄力小麦粉) 55g
日清 カメリヤ(強力小麦粉) 55g
バター 100g
60cc
強力粉(打ち粉用) 適量
<コンポート>
八丁味噌 8g
いちじく 78g(1個)
砂糖 30g
5g
ブランデー 10g
ドライミックスフルーツ(クランベリー・マンゴー) 9g
<トッピング>
いちじく 24g(1/3個)
卵黄 適量

作り方

パイ生地

1

強力粉と薄力粉をボウルにふるう。

2

よく冷やしたバターを1センチくらいに切り1に入れ木べらで細かく切るようにする。

3

ある程度バターが小さくなったら水を入れさらに切るように混ぜる。

4

まとまったらラップにつつみ1時間ほど寝かせる。

5

打ち粉をふり、四角にのばし生地を3つに折り重ね生地を90度回転させ四角にのばす。

6

5を6回くり返す。

7

生地がだれてきたらラップをして冷蔵庫で1時間ねかせる。

コンポート

1

いちじくの皮をむき、半分に切りさらに6等分くらいにさいの目切りをする。

2

鍋にいちじく、砂糖、水でといた八丁味噌、ブランデーを入れ中火で混ぜながら煮詰める。

3

煮詰まってきたら弱火で10分くらいジャム状になるまでまぜながら煮る。

パイ

1

パイ生地を型にあう大きさに伸ばし、型に入れ、余分な生地を取る。ピケをする。

2

コンポートを底に入れ、その上に皮をむいたいちじくを縦に1/6にくし切りしたものを2つのせる。

3

パイ生地を細く切ったもの(4〜5mm)を網目状にのせる。

4

細い生地を7〜8mm幅の三つ編みにし、型の上に丸くのせる。

5

卵黄を刷毛で塗る。

6

200℃のオーブンで20分ほど焼く(余熱あり)。

7

ケーキクーラーでさます。

One Point

安城市特産のいちじくと岡崎市の八丁味噌を使った作品。コンポートに味噌を入れるのは抵抗がありましたが、食べてみると八丁味噌のしょっぱさが甘さをひきたて、イチジクの酸味がちょうどよくマッチしたさくさくのパイになりました。

第50回 FHJ-日清製粉グループ「全国高校生料理コンクール」優秀賞
愛知県立安城高等学校 生活文化科3年 田島 来那さんの作品

使用している商品

関連特集