このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

お茶の子さいさい 冷やしておいしいみそバーケーキ

  • 調理時間:60分
使用している商品

材料

8人分

バター(無塩) 100g
日清 フラワー(薄力小麦粉) 150g
オートミール 80g
小さじ1/2
重曹 小さじ1/2
上白糖 60g
ブラウンシュガー 80g
Lサイズ1個
ほう葉みそ 70g
牛乳 50ml
アーモンドエッセンス 少々
くるみ 35g
洗いごま(白) 10g
栗の甘露煮 小8個
バター(天板に塗る) 少々
材料A
【飾りつけ】
落花生 10g
ドライフルーツ 10g

作り方

1

バターを塗った天板にオーブン用のシートを敷いておく、オーブンは180度で予熱しておく。(バター、卵、牛乳は室温に置いておく)(薄力粉、塩、重曹はふるいで1回ふるっておく)

2

ボールにバターを入れ泡立て器でクリーム状になるまで練る。次に上白糖とブラウンシュガーを加え、さらに泡立て器で混ぜる。なめらかになり手ごたえが軽くなるまで、空気を含ませるようによく混ぜる。

3

卵を割り入れ、さらに混ぜ生地になじませる。

4

練りごまと、ほう葉みそは混ぜてよく練っておく。

5

(3)が全体になめらかになったら(4)でよく混ぜ合わせたみそを、2、3回に分けて加え泡立て器でその都度よく混ぜ合わせる。さらに牛乳を加えて混ぜ、アーモンドエッセンスを加える。

6

ふるっておいた粉を一度に入れ、細かく刻んだ栗とくるみ、オートミールも一度に加える。

7

粉っぽさがなくなり、もったりと全体がなじんだら生地のできあがりです。

8

天板に生地を入れ、ゴムべらで、すみの方まで平らに広げる。表面をならし、ごまを全体にふりかける。180度のオーブンの下段に入れて20~25分焼く。竹ぐしを刺して、何もついてこなければOK。さめたら、ナイフで食べやすい大きさに切り分ける。

ワンポイント

《ポイント》切り分けたみそバーはアルミホイルかクッキングシートに包んで冷やして食べるとおいしいお菓子です。
※ドライフルーツはオレンジピール、ドレンチェリー、アンゼリカなどミックスフルーツを使用(水気のあるタイプ)。目にはレーズンを使用。

第38回 FHJ-日清製粉グループ 「全国高校生料理コンクール」FHJ賞
岐阜県立大垣桜高等学校食物学科3年氏原 美沙子(うじはらみさこ)さんの作品

使用した食材への思いや工夫のポイント
身近にある食材を使って珍しいお菓子はできないか?と以前から考えていて、ふと思い付いたのが私達岐阜の名産品であるほう葉みそを使ったケーキでした。チョコやチーズと違い、お年寄りの方にも食べやすく、練りごまを使う事で風味も味もおいしく作れました。中には秋の食材の栗を入れたので、これからの季節にピッタリです。

スマートフォンでこのレシピを見る

小麦粉&パスタレシピ

最近見たレシピ