日清製粉グループ

親子手づくり動物パンサマースクール親子手づくり動物パンサマースクール

参加のお申込みはこちら

第38回「親子手づくり動物パンサマースクール」概要

第38回「親子手づくり動物パンサマースクール」概要

対 象

親子ペア(保護者1名と小学校1〜6年生のお子様1名)

参加費

無料

会場と日時

【各回共通】受付…12:00〜12:20、実習…12:30〜16:00
① ベターホーム協会 大宮教室 【A】7/23(月)
② ベターホーム協会 渋谷教室 【B】7/24(火)、【C】8/3(金)
③ ベターホーム協会 銀座教室 【D】7/31(火)
④ ベターホーム協会 池袋教室 【E】8/10(金)
⑤ ベターホーム協会 柏教室 【F】8/17(金)
⑥ ベターホーム協会 横浜教室 【G】8/20(月)
⑦ ベターホーム協会 吉祥寺教室 【H】8/24(金)
⑧ ベターホーム協会 仙台教室 【I】8/22(水)
⑨ ベターホーム協会 名古屋教室 【J】7/27(金)
⑩ ベターホーム協会 梅田教室 【K】8/7(火)
⑪ ベターホーム協会 難波教室 【L】8/8(水)

募集人数

16組32名(10回)
14組28名(1回)
12組24名(1回)
合計:186組372名

応募方法

ハガキまたは、インターネット(PC/スマートフォン)でご応募いただけます。

●インターネットの場合

応募フォームに必要事項をご入力の上ご応募ください。 応募フォームへの入り口は当ページ下部にございます。

応募フォームに必要事項をご入力の上ご応募ください。 応募フォームへの入り口は当ページ下部にございます。

※同一メールアドレスでのご応募は1回限りとなります。
※申込完了後、ご登録いただいたメールアドレス宛てに自動送信メールが配信されます。
※応募受付完了メールは、send@nisshin-summerschool.jpから配信されます。
メール設定で迷惑メール等の着信拒否設定や指定受信設定をされている方はsend@nisshin-summerschool.jpを受信可能な設定にしてからご応募ください。

●ハガキの場合

ハガキに①〜⑦を明記の上、ご応募ください。
①保護者の氏名(ふりがな)
②お子様の氏名(ふりがな)
③お子様の学年   
④郵便番号・住所
⑤電話番号(自宅)
⑥電話番号(携帯電話など昼間連絡先)
⑦参加希望教室のアルファベット(A〜L)


【応募宛先】
〒170-8691 日本郵便株式会社 豊島郵便局 郵便私書箱123号
「日清製粉グループ サマースクール」事務局
【応募締切】2018年7月2日(月)(各回共通)

※ハガキは当日消印有効。応募フォームでの応募は23:59まで可能

お問合せ先

日清製粉グループ サマースクール事務局
フリーダイヤル:0120-688-823
(受付時間:2018年8月31日(金)までの土日・祝日を除く10:00〜18:00)

応募規約

「親子手づくり動物パンサマースクール」に応募される方は、本応募規約をよくお読みいただき、ご同意の上、ご応募いただきますようお願い申し上げます。
万一ご同意いただけない場合には、大変申し訳ございませんが、ご応募はご遠慮ください。ご応募いただいた場合には、以下の諸条件すべてにご同意いただいたものとさせていただきます。

■応募に関する注意事項

  • 「親子手づくり動物パンサマースクール」は親子ペア(保護者1名と小学生のお子様1名)でのご参加が対象となります。
  • インターネットでのご応募には、インターネット接続環境が必要です。ご応募の際に発生する費用(インターネット接続料、および通信料を含む)は応募者様のご負担となります。
  • 接続料および通信料は、応募者様がご契約されている通信会社および接続会社によって異なります。 あらかじめご了承ください。
  • 応募者様がお使いの端末によってはご応募いただけない場合がございます。ご了承ください。
  • 同一メールアドレスでのご応募は1回限りとなります。
  • 当社は、応募者様への事前告知なしに諸般の事情によりやむなく中止させていただく場合がございます。

■食物アレルギーに関する注意事項

「親子手づくり動物パンサマースクール」では小麦粉、たまご、乳製品、ナッツ類(ケシの実、かぼちゃの種、アーモンドスライス)を使用します。また実施会場はお料理教室を想定しております。器具の使い分けなど、食物アレルギー対策は行っておりません。

■当選者の選定について

  • 応募多数の場合は、応募期間内にご応募いただいた方の中から厳正なる抽選のうえ、当選者を選定いたします。
  • 当選者には7月中旬までに事務局より、受講証を郵送のうえ、お電話にて出欠の確認のご連絡をさせていただきます。
  • インターネットでの応募者様には受講証発送前に、当選メールをお送り致します。
  • 落選者には、応募時に落選メールの送付を希望された方のみ、7月上旬頃に結果をご連絡させていただきます。

※ただし、当選者のキャンセルが発生した場合は、落選者の中で再度抽選を行い、繰り上げ当選者を決定させていただきます。繰り上げ当選者には事務局よりご連絡させていただきます。
※応募の受付状況、抽選結果についてのお問い合わせにはお答えいたしかねますのでご了承ください。
※当選の権利は、ご本人様のみ有効とし、第三者への譲渡または換金はできません。
※当選した教室の日程変更などはお受けできません。
※当選者の住所・転居先・電話番号が不明などの理由により連絡できない場合は当選を取り消させていただく場合がございます。
※当選した場合の会場までの交通費、宿泊費等は当選者のご負担となります。

■動作推奨環境

Internet Explorer 9以上
Mozilla Firefox 最新版
Google Chrome 最新版
Safari 最新版

※ブラウザの自動アップデート機能が有効になっていない場合は、最新版へのアップデートを推奨します。

【スマートフォンの場合】
Android 5.0 以上での標準ブラウザ (Chrome)
iOS 9.3 以上での標準ブラウザ (Safari)
【フィーチャーフォンの場合】
フィーチャーフォンでのご応募は出来ません。

■個人情報の取り扱い

当社は、「親子手づくり動物パンサマースクール」の応募に際して応募者様よりご提供いただいた個人情報を、当選者の抽選、当選通知メールまたは落選通知メールの送付、受講証の発送および出欠の確認連絡以外の目的には利用せず、「親子手づくり動物パンサマースクール」の実施に必要な業務委託先を除き、第三者に開示いたしません。但し、法令にもとづく場合など、正当な事由がある場合はこの限りではありません。個人情報の取り扱いについては、当社の「プライバシーポリシー(個人情報保護についての基本方針)」をご参照ください。

「親子手づくり動物パンサマースクール」の開講中、社内外に公開する資料等(日清製粉グループWEBサイト、社内報、株主総会時の投影映像ほか)への掲載のため、写真およびビデオ撮影をさせていただくことがございます。また報道取材が入る場合もございますので予めご了承ください。

■準拠法

「親子手づくり動物パンサマースクール」へのご応募ならびに本応募規約の解釈および適用は、他に別段の定めのない限り、日本国法に準拠するものとします。

■合意管轄

当社と応募者様の間で「親子手づくり動物パンサマースクール」へのご応募に関する訴訟が発生した場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

■お問合せ先

日清製粉グループ サマースクール事務局
フリーダイヤル:0120-688-823
(受付時間:2018年8月31日(金)までの土日・祝日を除く10:00〜18:00)

過去のサマースクールのレポートはこちらから

小麦のなかみってどうなってるの?

夏休みも半ばを過ぎたころ、東京銀座教室に16組32名の親子が集まりました。子どもたちは、手を洗ってエプロンをつけて、始まるのを待ちきれない様子。しばらくすると先生が登場し、元気よくあいさつします。
まず先生がみせてくれたのは、1本の小麦の穂(ほ)と小麦の中がわかる大きな絵です。「小麦のこの1粒は、表皮(ひょうひ)、胚乳(はいにゅう)、胚芽(はいが)大きくこの3つから成り立っていて、パンの材料となる小麦粉は、胚乳(はいにゅう)を細かくくだいたものなんですよ」そうなんだ!でも、ひょうひと、はいがはすてちゃうの?「いいえ、表皮(ひょうひ)は『ふすま』と呼ばれ、動物のえさなどになります。また、胚芽(はいが)は、一粒からはほんの少ししかとれないけれど、えいようがギュッとつまっているので、いろんな食品に変身します。なので、小麦にはすてられる部分はないんですよ」先生のお話に耳をかたむける子どもたち。小麦のしくみについてのお話のあと、小麦粉の種類について勉強しました。

パンを作るには何がひつようなの?

「じゃあ、みんなはパンがなにでできているか知ってるかな〜?」先生がテーブルにいくつかの材料を並べました。「この中からえらんでみましょう。わかる人!」子どもたちが元気に手をあげました。「小麦粉!」「バター!」と次々に答えていきます。
「実はパンは、小麦粉、イースト、塩、水この4つがあればできるんです」えーっそれだけ?と子どもたちは不思議そう。「そう、パンを形作る小麦粉、パンをふわっとさせるイースト、パンの生地を引きしめる塩、そして生地をこねる時に必要な水、この4つです。よくおぼえておいてくださいね。」

さあいよいよ生地づくりだ!

小麦粉とパンについてしっかりお勉強したあとは、お待ちかねのパン作り!子どもたちはうまくできるかな、と少しきんちょうした様子。まずは先生がお手本を見せます。材料をまぜてあっという間に生地にまとめると、テーブルに「バン!バン!」とたたきつけていきます。「ネコの手のようにして生地を持ち上げてたたきつけると、生地が上手にできますよ。そして、生地をしばらくこねた後にバターを入れます。大人の方と協力しながらやりましょう」一通りの説明を聞いたあと、それぞれのテーブルにもどり、いよいよ生地づくりにチャレンジです!
先生はかんたんそうにやっていたけど、いざ自分でやってみると、生地が手にくっついてうまくまとまらないよ!どうして?こんなのでちゃんとできるのかなあ?と子どもたちはちょっとあわてた様子…
先生がみんなのテーブルをまわって、手伝ってくれるから大丈夫。生地をこねこねしているとだんだん形がまとまってきて、教室のあちこちから「バン!」「バン!」という音が聞こえてきました。子どもたちは生地をたたく作業にだんだんなれてきて、リズミカルにこねていきます。まるで本当のパン屋さんになったみたい!
こねていくと生地の表面がまあるくツルツルになってきた!そうしたら、生地をまるめてボウルに入れて、しばらくの間生地も子どもたちも休けいです。こねた生地をしっかり休ませることでふんわりしたパンができるんです。休けいしている間にどんな形のパンにするか、先生が作ったお手本を見ながら考えよう!

発酵完了!ついに動物パンの形づくりにちょうせん!

生地の入っているボウルをそっとのぞくと…あれっさっきより生地が大きくなってる!?そうです。生地の中のイーストが活発にはたらいて、パンをふんわりさせるガスをどんどん作り、生地をふくらませます。「じゃあ、指あなテストをしてみましょう。生地に指を入れてあなが小さくならなければ、発酵(はっこう)が終わった合図です」子どもたちは、生地の中にそーっと指を入れたとたん、ふわっとした生地の感しょくにびっくり!
発酵(はっこう)が終わったら、生地をいくつかに分けて、それぞれの生地を丸めて少し休ませてから、パンの形を作っていきます。「パンの生地は今も発酵(はっこう)を続けていてどんどんふくらむので、すばやく形を作っていきましょう」と先生。本当だ、生地にはだんりょくがあって、長細くしたり、平らにしたりするのに意外と力がいるんだね。
形ができたら、チョコ、レーズン、チェリーなどでかざりつけたり、ハサミを使ってもようを作ったり、子どもたちは集中して作っていきます。もっとたくさん作りたい!作るのになれてきたら、オリジナルの形にもちょうせんして、すてきな作品がたくさんできあがりました。

いっしょうけんめい作ったパンが完成!

天板にたくさんのパンをのせて、オーブンへ。わくわくしながら焼き上がるのを待ちます。「まだかなあ」「少し色がついてきた!」待つこと15分。オーブンからパンのいい匂いがしてきました。焼き上がったパンを見て、親子でおおはしゃぎ!食べるのがもったいないくらい上手にできました。「お店に並んでいる色んなパンも、パン屋さんが毎日心を込めて、一生けんめい作ってるんだな」と、自分たちの手で作ったあと、あらためてパンについて考える子もいました。
記念に写真をとったら、さっそく焼き立てのパンをひと口パクリ!外はカリッとして中はフワフワ!おいしい〜!世界で一つしかないパン、おうちにも持って帰って、今日の出来事をお話ししながら家族みんなで食べましょう。今日は小麦を学び、楽しみ、おいしく味わった一日でした。最後に先生から「みなさん、本当に上手に作れましたね!動物パン、おうちでもぜひ作ってみてください」とお話がありました。は〜い!今度はどんな形にちょうせんしようかな?子どもたちは、ワクワクしながらおみやげに入っていた小麦の穂(ほ)を片手に、うれしそうに帰って行きました。

日清製粉グループでは食の楽しさを広める活動として毎年小学校が夏休みとなる期間に「親子手づくり動物パンサマースクール」を開催しております。

2017年は、7月21日から8月25日まで、銀座・渋谷・池袋・千葉・吉祥寺・横浜・大宮・柏・名古屋・梅田・難波 の11会場、合計12回の教室が開かれました。
37回目までの総参加者は18,400名を越えました。ご応募・ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

参加のお申込みはこちら

どうぶつサンドどうぶつサンド

いつものサンドイッチを動物の顔にすれば思わず笑顔になる愛らしいサンドに。子どもたちも大喜びで食べてくれるでしょう。

●食パン(14枚切り・耳なし)…4枚
●バター…適量
●ゆで卵…1個
●マヨネーズ…適量
●ハム…1枚
●スライスチーズ…1枚
【顔用】
●きゅうり(スライス)…4枚
●ハム…1枚
●スライスチーズ…1枚
●カレンツ…6粒
●マヨネーズ…適量

  1. ゆで卵を細かく刻み、マヨネーズで和えて卵サラダを作る。
  2. 食パンにバターを塗り、2枚で1の卵サラダをはさみ、もう2枚でハムとスライスチーズをはさむ。
  3. 2の耳を切り落とし、半分にカットする。顔を付けない分は、お好みでさらに半分にカットする。
  4. きゅうりをはさんで、耳を作る。
  5. マヨネーズを接着剤にして、半円にカットしたスライスチーズと丸くカットしたハム、カレンツで顔を付ける。
はさむ具材はお好きなものでどうぞ。自由にアレンジして、いろいろな動物を試してみてくださいね。
参加のお申込みはこちら