日清製粉グループは、
全日本バレーボールチームを
応援しています!

世界トップチームが参加する
世界規模リーグ戦!

6月9日(金)~6月11日(日)までの3日間、群馬県にある高崎アリーナにて、FIVBワールドリーグ2017が行われました。男子バレーボールの世界トップチームが参加するリーグ戦として1990年に創設されたこの大会、全日本男子チーム「龍神NIPPON」はトルコ、スロベニア、韓国と対戦しました。

世界トップチームが参加する
世界規模リーグ戦!

6月9日(金)~6月11日(日)までの3日間、群馬県にある高崎アリーナにて、FIVBワールドリーグ2017が行われました。男子バレーボールの世界トップチームが参加するリーグ戦として1990年に創設されたこの大会、全日本男子チーム「龍神NIPPON」はトルコ、スロベニア、韓国と対戦しました。

フルセットまでもつれ…

初戦、日本はトルコを相手に柳田選手を中心にサーブでリズムを作り相手を翻弄。大竹選手のスパイクも決まり3-1で快勝しました。2戦目のスロベニア戦から石川選手を加えて臨み1セットを先取しましたが、次のセットを落としてしまいますが、最終セット、日本の連続サービスエースで流れに乗り、フルセットの末、劇的な勝利を飾りました!

憧れの選手と同じコートで!

大会2日目の朝には、元全日本の山本隆弘さんを講師にお招きし、小学生およそ50名と一緒に、実際に試合が行われたコートでバレーボール教室を実施しました。
テーマは「挑戦」。トスやレシーブなどバレーボールの基礎を教わりました。大人の試合と同じネットの高さ(2m43cm)での練習に、参加者からは「高い~!」という驚きの声が聞かれました。

会場では連日パスタを
プレゼント!

会場内の弊社協賛ブースでは、今大会にも出場している山内選手、石川選手、柳田選手と写真を撮ることができる等身大フォトブースを設置。記念撮影に長蛇の列ができるほど、大いに盛り上がりました。また来場者の方に「マ・マー 早ゆでスパゲティ」のサンプリングを行い、〝スポーツをする方、またその家族のみなさま〟へ向けたレシピを掲載したチラシ「こなサポ」も配布しました。
※考案メニューはこちら!