日清製粉グループは
ファミリーマートカップ
第37回 全日本バレーボールを
応援しています!

「今 心ひとつに 全力の瞬間
(とき)!」

8月7日月曜日。東京・千駄ヶ谷の東京体育館にあるバレーコートに、力強い宣誓が響く―
この日、ファミリーマートカップ第37回全日本バレーボール小学生大会の開会式が行われ、各都道府県での熾烈な争いを勝ち抜いた出場校、男女合わせて136校(男女混合含む)が一同に集結しました。10日の木曜日まで全4日間に渡って行われた大会には、約5,000人の観客が席を埋め尽くし、出場校それぞれの色鮮やかなTシャツが客席を彩り、熱気と興奮が会場全体を包み込んでいました。

全国約5,400チームの頂点に立つ
のは…!

迎えた大会最終日、男子決勝は東京代表の若葉ビクトリーが優勝。また女子は広島代表の高須バレーボールクラブ、男女混合は愛知代表のあおいジュニアが優勝を飾り、熱闘の幕が下ろされました。

忘れられない夏休みに

待ちに待ったこの夏休みを、一生忘れられないものにするために… チームの仲間と、また選手を支える母と、子と。

たくさん食べてうまくなろう!

東京体育館での特設ブースでは、全日本選手の等身大パネルを設置し、記念撮影ブースを実施しました。また日々ハードな練習を積み、輝かしいパフォーマンスを発揮するアスリートにとって“食”はとても重要な要素。管理栄養士が、アスリート向けにレシピを考案した「こなサポ」リーフレットを配布しました。山梨県から来場された母親は「明日の試合へ向けて、今夜息子に作ってあげたいです」と喜んで頂きました。
※考案メニューはこちら!

出場チーム全ての選手たちが流した汗と涙が、いつかきっと輝く未来につながりますように―

たくさん食べてうまくなろう!

東京体育館での特設ブースでは、全日本選手の等身大パネルを設置し、記念撮影ブースを実施しました。また日々ハードな練習を積み、輝かしいパフォーマンスを発揮するアスリートにとって“食”はとても重要な要素。管理栄養士が、アスリート向けにレシピを考案した「こなサポ」リーフレットを配布しました。山梨県から来場された母親は「明日の試合へ向けて、今夜息子に作ってあげたいです」と喜んで頂きました。
※考案メニューはこちら!

出場チーム全ての選手たちが流した汗と涙が、いつかきっと輝く未来につながりますように―