日清製粉グループ


パスタ リゾット スープ ビッツァ
ニョッキのトマトソース

イタリアでは日常的に作られる定番の家庭料理です。
ニョッキはじゃがいもと粉から作る手作りパスタですが、意外と手軽にできます。
モチッとした食感を楽しんでください。
フォークでつけた溝にソースがうまくからみます。


材料
〈ニョッキ〉
じゃがいも:400g
薄力粉:200g
卵黄:1個分
パルメザンチーズ(すりおろす):大さじ1
塩:適量
ナツメグ:適量
〈ソース〉
トマトソース
※トマトソースの作り方は「カッペリーニのイタリアンオムレツ」をご覧ください。
バジル:1枝分
パルメザンチーズ(すりおろす):大さじ2
※写真は使用する主な材料です。分量は4人分ではありません。
作り方
1 じゃがいもはよく洗い、鍋に入れて水からゆでる。煮立ったら火を弱めてやわらかくなるまでゆでる。水気をきり、布巾やペーパータオルなどでじゃがいもを包んで、熱いうちに皮をむき、マッシャーや木べらなどでつぶす。
2 (1)のじゃがいもの粗熱がとれたら、薄力粉、卵黄、パルメザンチーズ、塩、ナツメグを加え入れ、練らないように混ぜ合わせ、ひとまとめにする。
3 のし台や大きめのまな板などに打ち粉(分量外)をして、(2)をのせてまとめ、10等分に切り分ける。それぞれを棒状に伸ばして約2cmの長さに切る。
4 (3)の全体にたっぷりの打ち粉をする。ひとつずつフォークに押しつけて模様をつける。

5 たっぷりの塩を加えた熱湯で(4)のニョッキをゆで、全部が浮き上がってきたらざるですくい上げて水気をきる。

6 フライパンにトマトソースとちぎったバジルを加えて火にかけて煮立ったら、(5)のニョッキを入れてからめる。

7 器に盛り、パルメザンチーズをふって供する。

 
調理のポイント
イタリアの中でも、ことにローマの人々のニョッキ好きは有名です。「木曜日はニョッキを」といわれ、聖なる金曜日の前にボリュームあるニョッキを食べるのが習慣になっているほど。ニョッキは庶民のごちそうです。
じゃがいもをつぶすのに、便利なのがストレイナーです。ボウルにストレーナーをかけてそこへじゃがいもをおき、木べらで押さえつけてつぶします。
ニョッキの生地を切り分けるときは、充分に打ち粉をしましょう。切った後もベタつかないように切り口に粉をまぶしておくと、扱いやすくなります。

パスタリゾットスープピッツァのインデックスへ戻る
おすすめ関連サイト
  • おいしい!しかも簡単!節電・省エネなるほどレシピ(新しいウィンドウが開きます)
  • お菓子百科クラブ(新しいウィンドウが開きます)
  • 青の洞窟クラブ(新しいウィンドウが開きます)

日清製粉グループ ホーム