日清製粉グループ


魚介料理
たらの黄金揚げ
バッカラと呼ばれる干しだらに、卵たっぷりの衣をつけて揚げる「黄金揚げ」は年末の定番料理。
日本のご家庭でも、近い味が出せるよう、たらの切り身を使った手軽なレシピをご紹介します。
冬の鍋料理には欠かせない、たらの新しいおいしさをぜひ味わってください!

材料(4人分)

たら切り身(甘塩):240g

強力粉(または薄力粉):適宜
溶き卵:適宜
塩:ひとつまみ
揚げ油:適宜
レモン:適宜
お好みのハーブ:適宜
チェリートマト:適宜
作り方
1 たらはうろこと骨を除き、食べやすい大きさに切る。
2 強力粉を薄くまぶし、塩を加えた溶き卵にくぐらせる。
3 160〜170℃の油で色よく揚げる。
4 器に盛り、レモン、お好みのハーブ、チェリートマトを添える。
調理のポイント
衣に卵をたっぷり入れるので、黄色く仕上がる。これが「黄金揚げ」という名前の由来です。
卵たっぷりの衣だから、ふんわりおいしい。でも、その反面こげやすいので、160〜170℃の油でじっくり、色よく揚げるのがポイント。
真だらを使う場合は、衣をつける前に塩をふり、30分くらいおきます。
たら以外でも、白身の魚なら何でもOK。ブロッコリーやカリフラワーの黄金揚げもおすすめです。ぜひお試しを!

魚介料理のインデックスへ戻る
おすすめ関連サイト
  • お菓子百科クラブ(新しいウィンドウが開きます)
  • 青の洞窟クラブ(新しいウィンドウが開きます)

日清製粉グループ ホーム

本サイトでは、お客様に提供する情報やサービスの充実、本サイトの快適なご利用のために、クッキーを使用しています。本サイトをご利用いただく際には、クッキーの利用について同意いただいたものとみなします。本サイトで使用するクッキーについては、クッキーポリシーをご確認ください。
同意して閉じる
On this site, we use cookies to enhance the information and services provided to customers and to make the comfortable use of this site. By using this site, you shall be deemed to agree to our use of cookies. Please check the cookie policy for cookies used on this site.
Accept