日清製粉グループ


パスタ リゾット スープ ビッツァ
仔羊肉ラグーソースのミッレリーゲ(リガトーニ)

イタリア中部・アブルッツォ地方で好まれるラグーソースをパスタと組み合わせました。
ショートパスタのミッレリーゲ(リガトーニ)はリッチなソースと好相性です。


材料
ミッレリーゲ(リガトーニ):240g
仔羊肉(肩肉などの煮込み用ラム):400g
玉ねぎ(みじん切り):大さじ2
ホールトマト:400g
パプリカピーマン(赤):1個
イタリアンパセリ(粗みじん切り):2枝分
白ワイン:30cc
パルメザンチーズ:大さじ2
サラダオイル:適量
オリーブオイル:適量
エクストラバージンオリーブオイル:大さじ1
塩:適量
こしょう:適量
※写真は使用する主な材料です。分量は4人分ではありません。
作り方
1 仔羊肉を食べやすく角切りにし、塩・こしょうで下味をつける。フライパンにサラダ油を熱し、肉を強火でソテーする。
2 別鍋にオリーブオイルを入れ、玉ねぎのみじん切りを色づくまで炒め合わせ、(1)の仔羊肉を加える。
3 (2)に白ワイン、つぶしたホールトマト、塩を入れて煮詰める。煮詰まってきたら途中で湯(分量外)を加減して足し、ふたをして約60分煮込み、ラグーソースを作る。
4 ラグーソースを煮込んでいる間に、パプリカピーマンを焼く。パプリカピーマンは焼き網にのせ、ときどき回しながら中火でじっくりと表面が黒くなるまで焼く。その後ピーマンを空の鍋に入れてふたをし、15分ほど蒸らしてから、粗熱をとる。
※パプリカピーマンのオイルマリネをご参照ください。

5 パプリカピーマンを蒸らしている間、塩を加えた熱湯でミッレリーゲ(リガトーニ)を少し硬めにゆでる。

6 (4)のピーマンの皮をむき、へたやわた、種をとり、ほそ切りにする。

7 (3)のラグーソースに(6)のパプリカピーマンを加える。

8 (7)にゆで上がったミッレリーゲ(リガトーニ)を加えて、弱火でからめ合わせて器に盛り、イタリアンパセリとパルメザンチーズ、エクストラバージンオリーブオイルをふりかける。

調理のポイント
ミッレリーゲは穴あきの筋入りショートパスタで、マカロニの一種。リガトーニと呼ばれるパスタと同じものです。リッチなソースやグラタンなどに向いています。ペンネなどに比べて穴が大きいのが特徴。パッケージの表示時間より短めにタイマーをセットするなどして、早めにゆで加減を確認しましょう。
コースメニューのパスタなので、ひとり分=60gで紹介しています。単品として楽しむ場合は、100g程度に増量してお作りください。
このラグーソースに独特の深みを与えてくれるのが、じっくり焼いてうま味を引き出したパプリカピーマンです。仔羊肉以外に牛肉や豚肉でも美味しくできますので、お試しください。また、圧力鍋を利用すれば、短時間でラグーソースが仕上がります。

パスタリゾットスープピッツァのインデックスへ戻る
おすすめ関連サイト
  • おいしい!しかも簡単!節電・省エネなるほどレシピ(新しいウィンドウが開きます)
  • お菓子百科クラブ(新しいウィンドウが開きます)
  • 青の洞窟クラブ(新しいウィンドウが開きます)

日清製粉グループ ホーム