ピッツァ

ピッツァ
調理時間

45

エネルギー

335kcal

塩分量

0.60g

エネルギー・食塩量は1人分の値です

材料

4枚分

<生地>
日清 カメリヤ(強力小麦粉) 150g
日清 フラワー(薄力小麦粉) 150g
日清 スーパーカメリヤ ドライイースト 6g
砂糖 6g(小さじ2)
食塩 6g(小さじ1)
(40℃前後のぬるま湯を使用) 200cc(1カップ)
エキストラバージン オリーブオイル 24g(大さじ2)
打ち粉(強力粉) 少々
材料A
<トッピング>
モッツァレラチーズ(フレッシュタイプ) 200g
エキストラバージン オリーブオイル 12cc(大さじ1)
バジル(生) 約20枚
材料B
<トマトソース>
ホールトマト(ホール) 400g
にんにく 1片
バジル(生) 20枚
エキストラバージン オリーブオイル 12cc(大さじ1)
食塩 3g(小さじ1/2)
こしょう 少々

作り方

こねる

1

ボールに、強力粉、薄力粉、ドライイースト、砂糖、塩を入れ、泡立て器でまんべんなく混ぜ合わせる。さらに、ぬるま湯を加え木べらで混ぜる。ざっと混ぜて、粉に水分がいきわたればOK。

2

生地がまとまるまで手で混ぜる。にぎったり、ボールの中で転がすような感じで、生地をひとかたまりにする。はじめはべたべたと手にくっついていた生地がまとまってきて、粉っぽさがなくなればOK。

3

打ち粉をしたこね板に出し、たたきつけたり、手でのばしたりして、なめらかになるまで生地をこねる。「V」の字を描くように、左方向、右方向、交互に生地をのばしてこねたり、生地の端をもってこね板にたたいたりする。

4

生地を広げた状態でのボールに戻しす。オリーブオイルを大さじ1加えたら、握るようにしてざっくり混ぜ合わせ、残りの大さじ1を加え、よくもみこむ。

5

再びこね板に出して、キメが細かくなるまでよくこねたら、なめらかな面が表になるように生地をまるめ、反対側はつまんで閉じます。

発酵させる

1

まるくまとめた生地は、なめらかな面が表になるようにして、オリーブオイルを混ぜ込んだボールに戻す。生地を入れたボールより大きいボールに40℃前後(ぬるめのお風呂くらい)のお湯を入れ、生地のボールを浮かべる。乾燥しないようにラップをかけて、30分ほど置いて発酵させる。発酵時間は季節や気温によって異なるため、生地が2倍にふくらむくらいを目安に。

2

人差し指にかるく強力粉をまぶし、生地にさす。指を抜いたとき、穴が小さくならないようならOK。穴がすぐふさがるようならもう少し発酵させる。

3

打ち粉をしたこね板に生地を出し、軽く手で押してガス抜きをしたら、スケッパー(なければ包丁)で生地を4等分する。それぞれの生地は、切り口が内側になるようにしてまるく成形する。

4

乾いたふきんに生地を並べ、上からふきんの半分をかぶせておく。その上からラップをかけて、15分くらい休ませる。

ソース・トッピングをつくる

1

フライパンにオリーブオイルを入れ、スライスしたにんにくを弱火でいため、色づいたら取り出す。そこにトマトの水煮缶を汁ごと加え、木べらでトマトをつぶしながら3〜4分間煮る。塩、こしょうで調味したら火を止めて、みじん切りのバジルを加える。

2

トッピングにするモッツァレラチーズは、5mmくらいの薄切りにする。乗せたい具があれば、なんでもお好みで用意しておく。

焼く

1

こね板と麺棒に手粉(打ち粉)をふっておく。麺棒を、真ん中から手前へ、向こうへと転がして生地をのばし、さらに四方へと均等な厚さにのばしていきます。
直径20cmくらいにのばしたら、パイ皿に生地を乗せる。生地のふちを、パイ皿のふちに合わせるようにして盛り上げておきます。

2

生地がふくれてしまわないよう、フォークで15〜16か所に空気穴をあけておく。小さじ1杯程度(1枚につき)のオリーブオイルを生地にぬり、トマトソース大さじ3、チーズを乗せる。

3

あらかじめ温めておいた230℃のオーブンで、約10分間、生地がこんがりと色づくまで焼き上げ、バジルを飾る。

One Point

基本のピッツァの作り方やおいしく仕上げるコツを、画像とあわせて分かりやすくご紹介しています。
こむぎ粉くらぶ「ピッツァを焼こう」

使用している商品