スマートフォンサイトへ

このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

企業情報 日清製粉グループについて

サイト内の現在位置

トップメッセージ

代表取締役 取締役社長 見目 信樹

当社は1900年(明治33年)の創業以来、「信を万事の本と為す」と「時代への適合」を社是とし、「健康で豊かな生活づくりに貢献する」ことを企業理念と位置付け、「企業は変化することによってのみ生存が可能となり、かつ発展を望み得る」との認識のもと、絶え間のない自己変革を遂げてまいりました。

創業100周年を機に2001年7月、次の100年へ向かって大きな変革と進化を遂げるべく、分社化によるグループ体制に移行し、日清製粉グループ本社を純粋持株会社として長期的な企業価値の極大化を経営の基本方針とし、コア事業と成長事業へ重点的に資源配分を行いながらグループ経営を展開しております。

日清製粉グループ本社のもとに、製粉、加工食品、健康食品、バイオ、ペットフード、エンジニアリング、メッシュクロスなどの各事業が自由闊達に、よりスピーディーにお客様のご要望にお応えし、マーケットにベストフィットしてそれぞれの業界・領域でナンバーワンを目指すとともに、海外での事業拡大を推進し、柔軟で力強い組織として活動しております。

日清製粉グループでは、持続的な成長を実現するために、それぞれの会社が事業環境の変化を正しく認識し、進むべき方向性を明確にし、当社グループのベクトルを合せるべく取り組んでおります。また、社会にとって真に必要な企業グループであり続けるため、食品安全、内部統制システムへの取組み、コンプライアンスの徹底、環境保全・社会貢献・人権尊重等、企業の社会的責任(CSR)を果たしつつ、「安全」・「安心」・「健康」をお届けする企業グループとして、株主、顧客、取引先、社員、社会等のすべてのステークホルダーから積極的に支持されるべく努力を重ねております。

代表取締役 取締役社長 見目 信樹