このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

安心・安全

サイト内の現在位置

日清製粉グループの安心・安全へのこだわり

消費者視点からの品質保証活動

消費者の皆様に「健康と信頼をお届けする」、それが日清製粉グループの願いです。日清製粉グループでは、製品の品質保証は食品企業の最も重要な責務と考えています。
「消費者視点から品質を保証する」という考え方を基本とし、消費者の定義を最終消費者の皆様と明確化したうえで、製品の製造・出荷にとどまらず、開発・生産・流通などすべての段階における行為についても「消費者視点から品質を保証する」との基本姿勢で良否を判断しています。「安全」な製品を生産し、消費者の皆様に「安心」してお召し上がりいただくため、消費者視点からの品質保証を第一に、「品質保証規程」「製品安全管理規程」などをすべての従業員が遵守し、実践する体制を整えています。

原料の安全

原料の調達は、担当者が現地におもむくなどして、安全性を確認した上で調達を開始します。また調達開始後も、年間計画に沿って定期的にサンプルを抽出して原料を分析し、安全性を確認しています。

製品へのこだわり

新製品として企画されたプロトタイプは、グループ各社の独自の「セイフティレビュー」という審査にかけられます。専門知識をもった技術者が、食品としての安全性を総合的に分析・評価します。

品質管理

生産現場での製品の厳しい検査は、安心・安全な食品を消費者の皆様に提供するために、欠くことのできない工程です。社内での入念なチェック体制のもと、高い基準をクリアした製品のみが出荷に至ります。

衛生管理

製造工場では、清潔度を高め維持するための設計施工を進めています。
これにより、外部からの異物混入を防ぎ、高い衛生レベルを維持しています。

社内教育

食の安全性の確保には、何よりも社員の意識改革からと考えています。日清製粉グループでは毎年、各事業会社の研究開発・生産・営業業務にたずさわる全ての役員・社員を対象に品質保証研修を実施しており、一般的な衛生管理の方法から、当社グループの規範やルール、業界や行政の動向と関連規制の状況に至るまで、食品の安全に関する幅広い知識を学んでいます。

お客様の声を活かして

お客様相談室を通じて、当社製品をお買い上げいただくお客様のご意見を製品改善などにつなげてきました。2009年10月にCR室を設立し、より幅広く社会一般の消費者の皆様のさまざまなニーズを拾い上げ提言していく役割を担っています。

製品をお届けするまで

  • 製品開発(新しいウィンドウが開きます)
  • 原料調達(新しいウィンドウが開きます)
  • 原料受け入れ(新しいウィンドウが開きます)
  • 生産システム(新しいウィンドウが開きます)
  • 出荷判定(新しいウィンドウが開きます)
  • 保管・物流(新しいウィンドウが開きます)
  • お客様(新しいウィンドウが開きます)

取り組みのご紹介

あんしんの礎 新しいウィンドウが開きます
食の安心のために、製品開発、原料調達から製造、物流にいたるまですべての製造工程で品質を第一とし、ひとつひとつ安心を積み上げていきます。
詳しい取り組み内容は、「あんしんの礎」をご覧ください。
CSRの窓
品質保証責任者制度やセイフティレビュー など「消費者視点での品質保証」を実践しています。また、製品のライフサイクルを通じて地球環境への 配慮もおこなっています。
詳しくは、「CSRの窓」をご覧ください。