このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

CSRの窓 環境保全

サイト内の現在位置

環境マネジメント

私たちの
基本姿勢
企業活動によって生ずる環境への影響は地球環境全体にも影響すること、地球環境保全は企業の存続と活動の必須要件であることを認識し、「日清製粉グループ環境基本方針」にもとづき、自主的・積極的に廃棄物やCO2を削減するとともに、資源やエネルギーの有効活用を図る等の環境保全活動を推進します。

当社グループでは環境経営への具体的な考え方を「日清製粉グループ環境基本方針」として1999年4月に定めました。2007年度には地球環境の変化や国際的な温暖化防止対策の展開等の社会的状況と照らしあわせ、環境経営の強化のため、その改定を行いました。

PLAN
環境基本方針のもと、グループ全体の目的・目標を設定し、これにもとづき事業会社およびその事業場で「環境実施計画」を作成し、取り組みを展開しています
日清製粉グループ環境基本方針
[理念]

地球環境保全は、人類の生存と発展のための社会全体の課題であり、その社会の一員として事業を営む企業にとって、最重要の経営課題です。

日清製粉グループは「信を万事の本と為す」と「時代への適合」を経営の基本理念とし、「健康で豊かな生活づくりに貢献する」を使命として、当社が地球社会の一員であることの認識を深く持ち、地球的規模での環境保全を図りながら自由で活力ある企業活動を目指します。

[行動指針]
  • すべての段階において環境に十分配慮
  • 環境関連法規制及び企業行動規範を遵守
  • 環境負荷の低減及び大気・水質・土壌汚染の予防
  • 環境保全に関する情報提供と教育
  • 十分な情報公開
  • 地域の環境保全活動に積極的に参画
  • 海外事業においては現地の環境保全に十分配慮
  • 環境目標の設定と定期的見直しによる継続的改善
DO
  • グループ環境マネジメントの推進
  • マネジメントマニュアルの運用
  • 環境監査の実施
  • 環境法令の遵守評価
  • 教育訓練とコミュニケーション
  • 緊急事態対応
CHECK & ACTION
  • データの収集と解析
  • マネジメントレビューの充実
  • 環境マインドの醸成

グループ環境マネジメントシステム

当社グループの事業に関わる環境課題を適切に管理するため、日清製粉グループ本社の環境担当取締役のもとに、各事業会社およびグループ本社の委員からなる環境保全推進委員会を組織し、技術本部に環境管理室を設けて、管理体制の充実を図っています。また、各事業会社では本社および事業場に環境管理責任者を置き、環境管理委員会を設け、グループ全体で環境保全を推進する体制を構築しています。
気候変動等のグループ全体の経営に関わる重要事項は、環境保全推進委員会の協議を経て、グループ本社の取締役等をメンバーとするグループ運営会議や取締役会にて報告され、社長の最高意思決定の下に決定されます。

日清製粉グループの環境マネジメントシステム
図
グループ全体のPDCAサイクル
図

ISO14001のグループ一括認証

環境経営をさらに推進するためISO14001環境マネジメントシステムをグループ全体で認証取得しました(2008年9月)。従来は主力事業場で個別に取得をすすめてきましたが、工場・研究所・営業部署などのオフィスも含め、グループで統一的にCO2排出量削減と廃棄物削減・リサイクル率向上に取り組んでいます。

一括認証対象範囲
(株)日清製粉グループ本社/日清製粉(株)/日清フーズ(株)/日清ペットフード(株)/日清ファルマ(株)/日清エンジニアリング(株)/日清アソシエイツ(株)/日清サイロ(株)/阪神サイロ(株)/日清製粉プレミックス(株)/マ・マーマカロニ(株)/研究所/製粉ミュージアム/本社オフィスおよび地区オフィスの営業部などの各部署

グループ一括認証における活動

環境保全活動はグループ全体の目的・目標にもとづき作成された各事業場の環境実施計画にしたがって、達成度を評価しています。また、内部環境監査を中心に、法規制等の遵守状況を含めて活動状況を確認しています。

すべての事業場、事業会社、グループ全体の環境保全推進委員会において、環境保全活動の成果を評価するマネジメントレビューを実施しています。

NBCグループの一括認証

NBCグループは、連結対象2子会社を含む8事業場でグループ一括認証を取得しています。

環境リスクマネジメント

環境監査

工場・研究所・営業部署などのオフィスも含めて、ISO14001統合認証を取得し、外部審査や内部審査などを通じて、EMS(環境マネジメントシステム)の運用状況を確認しながら、継続的な改善を続けています。さらに独自の厳しい基準に基づいたグループ環境監査により、環境に関連した法令遵守や目標の達成状況などを確認しており、近年の改善命令や改善勧告の件数は低い水準を維持しています。環境監査で検出された事項については、環境保全や汚染予防の観点から、継続的な改善につなげています。

  • 事業場から排出される排水、排気ガスは、測定頻度や測定結果が法令及び当社グループの法令等よりも厳格な管理基準に適合しているかについて確認しています。
  • 冷媒にフロンガスを使用している機器については、全てリスト化して機器点検を行い適切な管理状態であることを確認しています。
  • 環境に関する災害や事故などの異常事態発生に備えて各事業場で作成している対応手順書や、定期的な訓練の実施状況を確認しています。
グループ環境監査実績
年度 実施事業
会社数
実施事業
場数
監査結果
改善命令 改善勧告
2013年度 12 23 1 1
2014年度 13 23 0 0
2015年度 15 23 0 0

環境法令の遵守

2015年度に環境法令・条例違反や罰金はありませんでした。
また、CO2換算で1,000t以上のフロンガスの漏洩が発生した場合には、フロン排出抑制法(2015年4月施行)により報告が義務づけられましたが、当社グループの事業場における発生はありませんでした。
引き続き国内外の環境関連法規制および企業行動規範を遵守していきます。

環境法令・条例違反等の発生状況
年度 法令違反 罰金・処罰
2013年度 0件 なし
2014年度 0件 なし
2015年度 0件 なし

環境コミュニケーション

毎年、「社会・環境レポート」の発行やウェブサイト「CSRの窓」による情報公開の他、外部機関が行っている各種調査への回答を通して、当社グループの環境活動についてお伝えしています。
また、政府や民間の環境保全活動に参加し、社外のステークホルダーと協働して、多様な環境保全に努めています。

日本経済新聞社「企業の環境経営度」調査

結果

2014年度:スコア436点/500点中(3位/食品・医薬品65社)
2015年度:スコア443点/500点中(3位/食品・医薬品64社)
2016年度:スコア448点/500点中(2位/食品・医薬品66社)

賞受賞実績

環境活動

「平成28年度 千代田区温暖化配慮行動計画書制度」環境配慮賞(日清製粉グループ本社)

包材の環境配慮・食材の適量使用

2016年度グッドデザイン賞(日清フーズ「日清 クッキング フラワー®」)
第40回木下賞(日清フーズ「日清 クッキング フラワー®」)
2015年度ジャパンスター賞(日清フーズ「日清 クッキング フラワー®」)
他多数

建物の環境配慮

第24回BELCA賞 ベストリフォーム部門(日清製粉グループ本社 製粉ミュージアム)
2013年度グッドデザイン賞(日清製粉グループ本社 製粉ミュージアム)
館林商工会議所「第1回キラリと輝く企業表彰」環境改善大賞(日清製粉グループ本社 製粉ミュージアム)

政府・民間の環境保全活動への自主的な参加

活動の名称 活動内容
経団連自主行動計画 当社グループの主要事業会社である日清製粉が加盟する製粉協会、および加工食品事業を展開する日清フーズが加盟する冷凍食品協会は、日本経団連の環境負荷低減に向けた経団連自主行動計画に参加し、2030年を目標年とした低炭素社会実行計画の目標達成に向けた取り組みを行っています。
冷凍食品協会環境自主行動計画 加工食品事業を展開する日清フーズが加盟する冷凍食品協会は、環境負荷低減に向けた自主行動計画を策定し、2030年に向けたCO2やフロンガスによる環境負荷低減に製品の容器包装の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を積極的に展開しています。
グリーン購入ネットワーク
(GPN)
当社グループはグリーン購入の促進を目的とするグリーン購入ネットワークの会員として、グリーン購入に関する情報発信や普及啓発等の取組みを推進しています。
国民運動
「COOL CHOICE(=賢い選択)」
当社グループは国民運動「COOL CHOICE(=賢い選択)」に参加しています。省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資する、また、快適な暮らしにつながるあらゆる「賢い選択」をしていこうという主旨に賛同し、ご家庭の調理段階の省エネルギーや容器包装の廃棄を少なくすることに役立つライフスタイルと環境配慮型製品の紹介を推進しています。
九都県市容器包装ダイエット宣言 日清製粉グループは、九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)がすすめている「容器包装ダイエット宣言」の主旨に賛同し、当社グループの製品の容器包装を減らすことについて宣言をして、軽量化に努めています。
神奈川県
「環境・エネルギー学校派遣事業
かながわ環境教室」
学校教育を通じて地域社会での環境・エネルギー等への理解を深めるため、神奈川県内の小・中学校、高校等で実験等を交えた体験型の授業を企業等が提供するプログラムに参加しています。小麦粉に関連して家庭でできる省エネなどの環境に関連した授業を提供しています。
当社グループの国内外の事業場では、地域社会やNPOとの協力により、事業場が所在する地域、海岸や河川などの清掃・美化活動、アダプトプログラムなどを通じて環境保全活動に取り組んでいます。