このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

学ぶ・楽しむ

サイト内の現在位置

小麦粉百科

小麦粉編

パスタ編

小麦粉編

小麦粉の基礎知識小麦の種類小麦粉ができるまで 小麦粉の歴史・文化

小麦粉の基礎知識

小麦の輸入

現在、日本で1年間に消費される小麦の量は、約630万トン(2009年度)。世界でも有数の消費国です。日本の小麦消費量のうち、国内産小麦はおよそ15%、残りは外国産小麦でまかなわれています(2008年度)。また、日本の外国産小麦輸入量の割合(2011年)は、アメリ力約58%、カナダ約21%、オーストラリア約20%。ちなみに、日本の国民1人あたりの年間小麦消費量は、約32kg(2009年度)です。

ほとんどの外国産小麦の輸入においては、日本政府が買い入れて、それを国内の製粉会社などに売り渡すしくみがとられています。

小麦の輸入

小麦粒の構造

小麦のひと粒は「胚乳」「表皮」「胚芽」の3つの部分に分類されます。

小麦の構造

▼胚乳
この部分が小麦粉になります。その主成分は、糖質(でんぷん)、たんぱく質です。(約83%)

▼表皮
ミネラル・繊維質が多く、"ふすま"として飼料やペットフードなどに使われます。(約15%)

▼胚芽
脂質、たんぱく質、各種ミネラル・ビタミンを含んでいます。分離、精製して栄養補助食品等に使われます。(約2%)