このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

学ぶ・楽しむ

サイト内の現在位置

小麦粉百科

小麦粉編

パスタ編

小麦粉編

小麦粉の基礎知識小麦の種類小麦粉ができるまで 小麦粉の歴史・文化

小麦粉の歴史・文化

小麦粉として食べられる前

エジプト・ルクソールの壁画[収穫の図](イメージ)

エジプト・ルクソールの壁画
[収穫の図](イメージ)
(画像クリックで拡大します)

小麦や大麦は人類最古の作物のひとつとされ、今から約1万年前には、すでにその栽培が始められていたといわれています。このことは、これまでに発掘された多くの遺跡から小麦の穂などが発見されていることからもわかります。

当初は麦や雑穀類の混ざったものを石と石の間にはさんで砕いてから焼いて食べていました。その後、土器が生まれると粗挽きにした麦をお粥のようにして食べたと言われています。

パンの誕生

サドルカーン(イメージ)

サドルカーン(イメージ)

今から約5千年前(紀元前3,000年頃)の古代エジプトでは、サドルカーンという石臼で小麦を挽き、それに水を加えてよくこねて、パンを焼いていたようです。ただし、この頃のパンは現代のものとは別のもので、平たく、ふっくらしてはいませんでした。

しかしあるとき、こねた生地をすぐに焼かないで放っておいたら、生地が大きく膨らみました。暑い国のことなので、空気中の微生物の中に天然酵母が入っていたものと思われます。試しにこれを焼いてみると、これまでよりもやわらかく、おいしいパンが焼けました。これが私たちがふだん食べている発酵パンの誕生だといわれています。

製粉の歴史

ロータリーカーン(回転石臼)(イメージ)

ロータリーカーン(回転石臼)
(イメージ)

風車

当時のエジプトで発明されたサドルカーンは、平たい石の皿に小麦の粒を入れ、その上から体重をかけながら石ですりつぶすものでした。

紀元前600年頃の古代オリエント時代になると、ロータリーカーンという回転石臼が考え出されます。上下2段の石を回転させることで、より粒の細かい小麦粉ができるようになります。ロータリーカーンの原理はヨーロッパや中国にも伝わり、次第に規模も大きくなって、水車や風車が使われるようになりました。

その後、時は流れて18世紀、イギリスに産業革命が起こり、ワットが蒸気機関を発明すると、製粉技術は大きく変化し、大規模な製粉工場が登場します。19世紀には、現在の製粉工場でも使用されているロール機も生まれ、ますます品質のよい小麦粉がつくられるようになりました。

日本人と小麦粉

日本人と小麦粉

日本でも弥生時代の中期頃には、水田耕作とともに麦類が畑作生産されていました。私たちの祖先は、小麦を重湯(おもゆ)のようにして食べていたそうです。その後お粥や、粉にして平焼きにして食べるようになり、紀元前2,000年頃には今のパンに似た食べ物をつくるようになりました。

また、今日のうどん、そうめん、きしめんにあたる麺は中国から伝えられたものです。室町時代になると、おもに禅僧の点心(今でいうおやつ)として食べられていたようです。

その後、日本の風土や嗜好に合うよう工夫されながら、日本独特の麺に育ってきました。まんじゅうが誕生したのは、鎌倉時代のはじめ頃といわれています。

日本の小麦粉郷土料理

現代の日本にはバリエーションに富んだ小麦粉料理があり、各地域や家庭で楽しまれています。
日本全国の多様な小麦粉料理はこちらをご覧ください。
(こむぎ粉くらぶ)
全国粉料理MAP