応援レポート

みんなの夢を、応援したい。

日清製粉グループは全日本バレーボール高等学校選手権大会を
応援しています!
春高バレー2017、いよいよ幕開け!
新年を迎えた、1月4日の水曜日。東京・千駄ヶ谷の東京体育館にあるバレーコートに、ファンファーレが鳴り響く―
この日、第69回全日本バレーボール高等学校選手権大会、通称「春高バレー」の開会式が行われ、各都道府県での熾烈な争いを勝ち抜いた出場校、男女合わせて104校が一同に集結しました。8日の日曜日までの5日間に渡って行われた大会には、例年より多くの観客が席を埋め尽くし、出場校それぞれの色鮮やかな応援グッズが客席
を彩り、熱気と興奮が会場全体を包み込んでいました。
特設ブースでは憧れの全日本選手と記念撮影!
過去にも多くの日本を代表する選手達が出場した春高バレー。
日清製粉グループは、観客席に設置した特設ブースで全日本バレーボールチームの選手の等身大パネルを使ったフォトスポットを設置しました。
等身大パネルを前に未来のスター選手たちは自分の将来に胸を膨らませ、また兄の応援に来たという男の子は「すごい背が大きい!!」と目を輝かせていました。
全国約6400校の頂点に立つのは…!
迎えた大会最終日、男子決勝は東京都代表の駿台学園高校が東京対決を制し優勝。また女子も、同じく東京都代表の下北沢成徳高校が優勝を飾り、熱闘の幕が下ろされました。
優勝校には、パスタのギフトセットを副賞として、贈呈いたしました。
出場選手の“食”を応援!
日々ハードな練習を積み、輝かしいパフォーマンスを発揮するアスリートにとって“食”はとても重要な要素。日清製粉グループは出場した全104校の選手たちに「マ・マー 早ゆで3分スパゲティ」をお送りし、選手たちを“食”から応援しました。
出場校全ての選手たちが流した汗と涙が、いつかきっと輝く未来につながりますように―
日清製粉グループは、これからも全日本バレーボール高等選手権大会を応援します!!