「自慢したい母の手料理」
和食部門1位煮物、洋食部門1位パスタ、中華部門1位餃子
アンケート結果発表

日清製粉株式会社(社長:正田 修)は、母の日を前に「自慢したい母の手料理」アンケートを実施した結果 、全国の小学生から70代までの男女3019名が回答、このほど集計結果をまとめました。このアンケート結果 から、現代日本人が選んだ「自慢したい母の手料理」は、和食部門で煮物、洋食部門でパスタ料理、中華部門で餃子がそれぞれ1位 となり、総合では煮物が1位に選ばれました。
 このアンケートは、新聞紙上及び当社ホームページ上で、「自慢したい母の手料理」と「その理由」を尋ねたもので、調査結果 によると、総合では、1位は煮物、2位がパスタ料理、3位がお寿司となり、伝統的な日本の味である煮物やお寿司以外にも、イタリア料理であるパスタ料理を大好きな母の味として選ぶ人が多いという調査結果 になりました。

また、そのメニューを選んだ理由として「味付けが真似できないほど美味しい」、「帰省の度にリクエストするメニュー」などの他、「運動会や誕生日の時に作ってくれた」、「故郷を離れる時に作ってくれた」など優しい母親像と共に思い出す味を選んだ人も多く見られます。

昨今、「個食」という言葉があるように、共働き夫婦の増加・子供の塾通いなどの理由で、食事を共にしない家庭が増えているといわれていますが、今回の調査結果 から、子の心に残る母の味が数多く存在することが分かりました。当社では、食に携わるメーカーとして、「母の味」に代表される温かい家庭料理の味を作り出すことに貢献していきたいと考え、このようなアンケートを実施しました。

アンケート調査結果概要

●和食部門1位が煮物、洋食部門1位がパスタ料理、中華部門1位が餃子
●「自慢したい母の手料理」の総合1位が煮物、2位がパスタ料理、3位がお寿司

《回答者属性》

調査期間 :
2001年4月18日〜5月1日
調査方法 :
新聞紙上及び当社ホームページ上でアンケートを募集
応募総数 :
3057名(全国)
有効回答数 :
3019(男性471名/女性2548名)

■回答者年齢層:

10代 162名 (5.3%)
20代 969名 (32.1%)
30代 1094名 (36.2%)
40代 489名 (16.2%)
50代 239名 (7.9%)
60代以上 66名 (2.2%)

●和食部門1位が煮物、洋食部門1位がパスタ料理、中華部門1位が餃子


■質問:自慢したい母の手料理
◆和食部門[総数1539(全体の51.0%)]

順位 メニュー名 回答数
1位 煮物 *1 491
2位 お寿司 *2 283
3位 ご飯物(お寿司以外) *3 192

《概要》
和食部門の総合計は1539で全体の51%となっており、ベスト3メニューには、煮物、炊き込みご飯や赤飯などのご飯物が選ばれ、それ以外には豚汁やけんちん汁などの汁物、茶碗蒸し、お好み焼、天ぷら、おでんなどが上位 にランクインしています。また、昔懐かしい"すいとん"を好きなメニューに挙げた人が東北地方を中心に30人いる他、九州の"田子汁"、青森の"けの汁"など郷土料理を選んだ人もおり、故郷への想いと母の味を重ね合わせたコメントも多数寄せられています。

◆洋食部門[総数1057(全体の35.0%)]
順位 メニュー名 回答数
1位 パスタ料理 *4 292
2位 ハンバーグ 118
3位 カレーライス 118
《概要》
洋食部門の総合計は、1057で全体の35%を占めており、ベスト3メニューにはパスタ料理、ハンバーグ、カレーライスが選ばれ、それ以外にはコロッケ、ロールキャベツ、シチュー、ポテトサラダ、オムレツ、オムライスなど洋食の定番人気メニューが上位 にランクインしています。また、スペイン料理のパエリヤやイタリア人直伝の煮込み料理、ロシア風ロールキャベツなどのメニューを挙げた人もおり、海外の様々な家庭料理を食卓に取り入れるハイカラなお母さんの様子が伺えます。

◆中華部門[総数294(全体の9.7%)]
順位 メニュー名 回答数
1位 餃子 124
2位 唐揚げ 46
3位 春巻 26
《概要》
中華部門の総合計は、294で全体の9.7%を占めており、ベスト3メニューには餃子、唐揚げ、春巻が選ばれた他、上位 には、チャーハン、酢豚などがランクインしています。1位に選ばれた餃子は、各家庭によって入れる材料も異なり「母の餃子が一番」とコメントしている人が多数いました。
 しかし、中華の定番メニューであるラーメンや、八宝菜を選んだ人は数名にとどまるなど、中華料理が日本に昔から定着している割には、中華を母の手料理に重ね合わせる人は以外と少ないようです。

◆お菓子部門[総数129(全体の4.3%)]
順位 メニュー名 回答数
1位 洋菓子 *1 59
2位 和菓子 *2 56

*1 ケーキ、ババロア、パイ、ホットケーキ、ドーナツなど *2 ようかん、もち、まんじゅう、おはぎなど
《概要》
お菓子部門の総合計は129で、お菓子を大好きな母の味として選んだ人は全体の4.3%に留まっています。具体的なメニューとしては、洋菓子ではアップルパイ、チーズケーキ、バナナパウンドケーキ、ホットケーキ、ドーナツ、和菓子ではくるみだんご、ようかん、おはぎなどが挙がっています。またその他には、蒸しパンなどが挙げられています。

●「自慢したい母の手料理」の総合1位が煮物、2位がパスタ料理、3位がお寿

母親の手料理で一番好きな手料理はと尋ねたところ、総合では1位は、肉じゃが、筑前煮、きんぴらなどの煮物類、2位 はミートソース、ナポリタンなどのパスタ料理、3位がちらし寿司、いなり寿司などのお寿司類が選ばれています。

■質問:自慢したい母の手料理
《総合》
順位 メニュー 回答数
1位 煮物 *1 491 (16.3%)
2位 パスタ料理 *4 292 (9.7%)
3位 お寿司 *2 283 (9.4%)
4位 ご飯物(お寿司以外) *3 192 (6.4%)
5位 汁物 *5 144 (4.8%)
  その他 *6 1617 (53.6%)
合計   3019 (100%)
《概要》

自慢したい母の手料理の総合順位は、第1位が「煮物」、2位が「パスタ料理」、3位 が「お寿司」という結果になっており、昔からおふくろの味として人気の煮物が現在も健在であることを裏付けています。煮物を選んだ理由としては、「母の味が一番美味しい」とか「自分にはまねが出来ない味」という理由が挙げられており、煮物は簡単でありながら各家庭によって味が異なり複雑で奥が深い家庭料理であることが伺えます。
 また、2位にランクインしたパスタ料理は、メニューや具材の豊富さから幅広い世代の人が大好きなメニューとして選んでいます。選んだ理由として「母のミートソースはトマトがたくさん入っている」とか、「具沢山で美味しい」など、煮物同様に各家庭によって材料や味付けが微妙に異なり、母親が自分なりに工夫してパスタ料理を作り、それが子供に好まれていると推測できます。さらに、3位 のお寿司は、お祝い事や運動会などの行事に作る家庭が多く、家族で過ごした想い出と共に大好きなメニューとして選んでいる人が多くみられます。

〈注〉
*1 煮物:肉じゃが、きんぴら、筑前煮など
*2 お寿司:ちらし寿司、のり巻、いなり寿司、さば寿司など
*3 ご飯物:炊き込みご飯、赤飯、雑炊、おこわなど
*4 パスタ料理:ミートソース、ナポリタン、ボンゴレ、カルボナーラなど
*5 汁物:豚汁、味噌汁、団子汁、のっぺい汁、けんちん汁など
*6 その他:天ぷら、白和え、おでん、グラタン、カレーライス、ハンバーグ、野菜炒めなどの定番メニューの他、「シーチキン丼」、「爆弾おにぎり」などネーミングもユニークな母親のオリジナル料理も多数ランクインしています。