• ホーム
  • 企業情報
  • ニュースリリース
  • 2004年6月22日 身近な食材と小麦粉を使った新しい家庭料理のレシピを大募集!「第35回FHJ-日清製粉グループ全国高校生料理コンクール」に協賛

身近な食材と小麦粉を使った新しい家庭料理のレシピを大募集!
「第35回FHJ-日清製粉グループ全国高校生料理コンクール」に協賛

(株)日清製粉グループ本社は、今年で35周年目を迎えます「日清製粉グループ 全国高校生料理コンクール」(全国高等学校家庭クラブ連盟主催)(略称:FHJ)に今年も単独協賛致します。そしてFHJが主催する「新しい我が家の味をつくろう〜身近な食材と小麦粉を使った手づくりおすすめ料理」をテーマに、高校生が考えた地域の特色を生かした食材や自分の家庭の味と、小麦粉、パスタ、うどん等を組み合わせた、オリジナリティあふれる小麦粉料理のレシピを募集致します。
 応募作品は、書類審査の後上位入賞作品を実際に再現し、審査員の試食審査によって各賞を決定いたします。また、入選作品については日清製粉グループのホームページでも紹介いたします。

昨今、食育運動を省庁や団体・学校などが推奨し、各地でさまざまな活動が展開されておりますが、「高校生料理コンクール」は、地道な社会貢献活動として定着しております。昨年も地元の食材を見直し、食べ物を作る楽しみ、皆んなと食べる楽しさを味わってもらおうと、「郷土の味を現代に生かして〜身近にある食材と小麦粉を使った団らんの一品〜」をテーマにしましたところ、福島県特産の小魚「目光(めひかり)」をから揚げにしクレープで巻き上げた「メピロール」、伊勢うどんをすりつぶして真薯にアレンジした「うどんの真薯」など、郷土の食材を使って、高校生らしく創意工夫を凝らした新しい小麦粉料理のレシピ合計4228点(148校)の応募がありました。

第35回全国高校生料理コンクール募集要項■

テーマ: 「新しい我が家の味を作ろう〜身近にある食材と小麦粉を使った
手づくりおすすめ料理〜」
応募資格: 高校生に限る(個人応募も可)
応募規定:
アイデアあふれるもので手軽に作れるもの
材料費は1人分500円以内
応募用紙はB4用紙横使いで下記必要事項を1枚にまとめる
(1) 使用した食材と分量(何人分)、料理の作り方、調理時間、1人分の栄養価(エネルギー量とたんぱく質)と費用を明記
(2) 使用した食材への思いや工夫のポイントをまとめる(150字以内)
(3) 出来上がり料理の盛り付け写真を添付
(4) 学校名、学科、学年、性別、氏名、料理名を応募用紙上部に記入する
学校単位で応募する場合は、さらに一覧表を添付のこと。一覧表上部に学校住所、TEL、担当者名も記入
受付期間: 2004年7月1日〜9月30日(当日消印有効)
応募先: 〒151-0053
東京都渋谷区代々木3-20-6 全国高等学校家庭クラブ連盟
「全国高校生料理コンクール」係
問合せ先: コンクール事務局 全国高等学校家庭クラブ連盟
TEL:03-3370-6321
選考方法: 書類選考及び審査員による試食審査
審査員:
望月 昌代 (文部科学省初等中等教育局参事官付 教科調査官)
近藤 悦子 (東京都目黒地区中等教育学校開設準備室教諭)
田村 誠 (財団法人ベターホーム協会理事長)
安原 安代 (女子栄養大学教授)
伊藤 健夫 (株式会社日清製粉グループ本社 常務取締役)
賞品:
最優秀賞 デジタルカメラ 1名
優秀賞 CDギフト券 2名
FHJ賞 お菓子作り道具セット 1名
日清製粉グループ賞 パスタゆで鍋+パスタセット等 1名
アイデア賞 お料理の本3冊セット 5名
 *上記の賞はグループ応募の場合、賞品は1名分です
指導者奨励賞 図書券
学校賞 日清製粉 ナポリピッツァの本
イタリア料理レシピ本
小麦粉食の歴史CD-ROM
+盾 10校
参加賞 日清製粉グループの製品
表彰式: 2004年11月14日(日)、東京にて開催
* 上位5名の入賞者及び引率者をご招待
主催: 全国高等学校家庭クラブ連盟 (FHJ)
協賛: 株式会社日清製粉グループ本社
<参考資料>

第34回FHJ-日清製粉グループ全国高校生料理コンクール受賞者

昨年は「郷土の食材を現代に生かして〜身近にある食材と小麦粉を使った団らんの一品」をテーマに公募、総応募数4228点の中から、最優秀賞や優秀賞をはじめ、アイデア賞など以下の10作品を選出いたしました。

氏名 県名 高校名 学年 性別 料理タイトル
菅原 千衣 福島 県立平商業 メピロール〜鰻巻になりたくて 最優秀賞
藤川 瑛二 三重 県立相可 うどんの真薯 コチジャン仕立て 優秀賞
櫛山 樹里 熊本 県立水俣 あん太刀野(あんたちや) 優秀賞
伊藤 亜妃 岩手 県立藤沢    二色はっとうの小倉がけ 日清製粉
グループ賞
北見 達哉 茨城 県立水戸第一   フルカルシウムおやき FHJ賞
橋本 小枝 岡山 県立津山東    郷土の3色おやき アイデア賞
玉水 正人 三重 県立相可    モロヘイヤクリームソースのフェットチーネ アイデア賞
真柴 拓哉 東京 都立国立   〜揚げ豆腐おやき〜 アイデア賞
森野 記世
八木 千尋
福井 県立三国   トマト皮のかぼちゃ肉まん アイデア賞
青木 奈津美 茨城 県立水戸第三    かぼちゃんの野菜あんかけ アイデア賞