本サイトでは、お客様に提供する情報やサービスの充実、本サイトの快適なご利用のために、クッキーを使用しています。本サイトをご利用いただく際には、クッキーの利用について同意いただいたものとみなします。本サイトで使用するクッキーについては、クッキーポリシーをご確認ください。
同意して閉じる
  • ホーム
  • 企業情報
  • ニュースリリース
  • 2008年3月26日 小麦タンパク加水分解物(FP-18)の血圧低下作用と脳内神経伝達物質に対する影響を確認〜2つの研究成果を日本農芸化学会2008年度大会で発表〜

小麦タンパク加水分解物(FP-18)の血圧低下作用と
脳内神経伝達物質に対する影響を確認
〜2つの研究成果を日本農芸化学会2008年度大会で発表〜

日清製粉グループの日清ファルマ株式会社(社長:中村勝)は、静岡県立大学大学院生活健康科学研究科横越英彦教授と共同で、小麦タンパク加水分解物(FP-18)の血圧低下作用と脳内神経伝達物質に対する影響を調べる実験を行いました。高血圧自然発症ラットを用い、FP-18を経口投与した結果、血圧低下と共に脳内セロトニン代謝が亢進する傾向がみられました。また、FP-18による血圧低下には、そのアミノ酸組成と共に、ペプチド成分が関与していることが示唆されました。

また、日清ファルマ株式会社の健康科学研究所では、生活習慣病の予防をコンセプトに新規食品素材の探索研究を積極的に推進しており、この度FP-18の抗高血圧効果を確認する為、動物及びヒトでの検討を行いました。その結果、FP-18は高血圧自然発症ラットおよび軽症高血圧者を主体とした被験者の血圧を有意に低下させ、関与成分が新規な活性ペプチドであるペンタペプチドVPVPQであることが示されました。

これらの研究は、(株)日清製粉グループ本社と日清ファルマ(株)が連携し、新しい機能性食品を探索することを目的として静岡県立大学(学長:西垣 克)に設立した寄附講座の成果の一つとなります。

今回の2つの研究成果は、本年3月27日から29日まで、名城大学で開催される「日本農芸化学会2008年度大会」の中で3月28日(金)17:54〜発表されます。

本研究に関するお問い合わせ先 日清ファルマ株式会社 健康科学研究所 担当:柴田
電話049-267-3947

◆ 小麦タンパク加水分解物(FP-18)について
 小麦グルテン加水分解物(FP-18)の原料は、小麦粉の主成分であるグルテンです。グルテンを2段階の酵素により分解を行った後、精製、乾燥して造られます。特徴は、水に良く溶ける淡黄色の粉末であることで、タンパク質よりも細かいため、摂取したときの消化・吸収が良いということが言えます。これまでに動物やヒトの血圧低下作用があることが確認されており、日清ファルマ株式会社にて機能性食品としての開発が進められてきました。

◆ ペプチドについて
 ペプチドは決まった順番で様々なアミノ酸がつながってできた分子のことです。タンパク質は50以上のアミノ酸から成り、酵素で分解されるとペプチドになります。つながるアミノ酸の数は様々で、例えば、ペンタペプチド、テトラペプチド、トリペプチド、ジペプチドはそれぞれ5、4、3、2つのアミノ酸から成っています。

◆ セロトニンについて
 ヒトを含む動植物に一般的に含まれる化学物質で、トリプトファンというアミノ酸から合成されます。人体中では小腸や脳内に存在します。脳内のセロトニンは神経伝達物質のひとつとして視床下部などに分布し、これらが人間の精神活動に大きく影響しています。近年では日常生活から、うつ病や神経症などの精神疾患(無論全てではない)に至るまでセロトニンの影響が注目されるようになりました。

【参考資料1】
小麦タンパク加水分解物(FP-18)の血圧低下作用と脳内神経伝達物質に対する影響
○小島 尚子、金子 明裕1、横越 英彦(静岡県大院生活健康、1日清ファルマ)

【目的】食品由来ペプチドの血圧低下作用に関し、多くの研究報告がある。その作用機構としては、アンギオテンシン変換酵素(ACE)活性の阻害が一般的に言われている。しかし小麦タンパク加水分解物(FP-18)は血圧低下作用を示すにも関わらず、その作用が弱い。そこで本研究では血圧調節がカテコールアミン及びセロトニン作動性ニューロンに関与していることに着目し、FP-18摂取による血圧低下作用と脳内神経伝達物質の関連について検討した。
【方法】12週齡雄性高血圧自然発症ラット(SHR)を用い、FP-18, FP-18と同アミノ酸組成溶液, FP-18中に含まれ、血圧低下作用を示すペプチド(VPVPQ)を経口投与した。投与2時間後屠殺し、脳内神経伝達物質とアミノ酸濃度を測定した。
【結果】扁桃体でのセロトニン濃度の減少とその代謝物の増加により、セロトニン代謝の亢進が見られた。またアミノ酸溶液とVPVPQにおいても血圧低下に伴い、セロトニン代謝が亢進する傾向が見られた。これよりFP-18による血圧低下の起因の1つとして、セロトニン代謝の亢進があると考えられる。

【参考資料2】
小麦タンパク加水分解物(FP-18)の抗高血圧作用
○松岡 由記、安井 謙介、原田 昌卓、平本 茂、長瀬 政雄(日清ファルマ)

【目的】小麦タンパク加水分解物(FP-18)は、小麦グルテンを2種類の酵素で加水分解後、噴霧乾燥を行うことにより得られる水溶性のペプチドである。本研究では、FP-18の抗高血圧効果を確認するため、動物及びヒトにて検討を行った。【方法】(1)ラットの血圧低下作用:高血圧自然発症ラット(SHR)にFP-18を単回または28日間連続経口投与し、血圧を測定した。次に、血圧低下活性を指標にFP-18より単離、同定したペプチドVPVPQをSHR に単回経口投与し、血圧を測定した。 (2)ヒトの血圧低下作用:軽症高血圧者を主体とする被験者40名にFP-18(4g/回)又はプラセボを8週間摂取させ、血圧を測定した。【結果】 (1)FP-18 225, 450, 900mg/kg単回経口投与により2〜8時間後のSHRの収縮期血圧が有意に低下した。また、225, 450, 900, 1800mg/kg連続経口投与により7〜28日後のSHRの収縮期血圧が有意に低下した。そして、VPVPQ 3, 10, 20mg/kg経口投与により2〜8時間後のSHRの収縮期血圧が有意に低下した。 (2)FP-18摂取群において、6、8週間後の収縮期血圧と8週間後の拡張期血圧が摂取前に比べて有意に低下した【結論】FP-18は抗高血圧効果を有することが明らかになり、関与成分の一つとしてペンタペプチドVPVPQが示唆された。