このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

CSRの窓 特集

サイト内の現在位置

グループの環境保全活動

現場が主役 日々の改善から

温暖化防止の取り組み

オリエンタル酵母工業(株)

燃料の変更で実現したCO2削減
写真

動物舎は、24時間連続の温湿度管理が必要で、従来からボイラ燃料にA 重油を使用していました。今回、A重油に水と界面活性剤を添加したエマルジョン燃料に変更し、CO2 排出量を年間約20%削減できました。

エネルギーとCO2の削減に取り組んでいます

オリエンタル酵母工業(株)LAセンター 川口正彦

動物舎の温湿度管理エネルギーを削減できると、ムダ・ロスの削減効果が大きいと考えました。見慣れた現場で「何かないか」と自問していた時、改善ネタが見えました。

日清製粉(株)

故障対策による電力原単位削減

鶴見工場では小集団活動、環境CO2 リーダー会、情報交換会などを活用した故障対策をすすめることにより、製造ラインのトラブルを大幅に減少させ、電力原単位の削減に成功しました。

全体を見直せばもっと省エネ!!

日清製粉(株)鶴見工場 黒澤伸行

日々の仕事のなかでの“気付き”を皆で話し合うことにより故障削減の種を見つけ出し、確実に対応していくことで、故障削減による効率向上に職場全体で取り組んでいます。

イニシオフーズ(株)

ドライミストによる冷凍機の省エネルギー
写真

冷凍パスタの生産工程には、冷蔵・冷凍装置が必需ですが、これまで夏場の過負荷が課題になっていました。そこで水を微細な霧状にして噴射し、蒸発する際の気化熱を利用して冷却を行う、ドライミスト装置を設置しました。

知恵と工夫でもっと省エネ!!

イニシオフーズ(株)白岡工場 水谷洋一

「打ち水」と同様で、原理は単純ですが、水の特性を活用した合理的なシステムです。微力ながら、電力、水、CO2 の削減に貢献できると思います。

廃棄物削減の取り組み

日清製粉(株)

破袋防止による廃棄物削減
写真

業務用として出荷される25キログラムの小麦粉包装品。取り扱い時のちょっとしたミスで袋を傷つけてしまうと、その製品は廃棄されてしまいます。知多工場では破袋防止による植物性残さの削減に取り組んでいます。

破袋削減で環境保全!

日清製粉(株)知多工場
加古日出男、中川幸夫

破袋要因分析およびその対策を行うことにより、破袋による植物性残さの削減に職場が一丸となっています。お客様のもとに届く製品を大切に取り扱うことが、環境活動にもつながっています。

日清フーズ(株)

生まれ変わる未利用製品

返品や外装の汚れなどで販売できなくなった商品など、食品としての利用ができない未利用製品はリキッドフードやエコフィードなどの飼料や肥料などに生まれ変わり利用されています。

廃棄物の削減に日々努力しています。

日清フーズ(株)首都圏営業部 末宗正人

この部署で仕事をして2年になります。当初はもったいないとは思いながらも、仕方なく廃棄物となっていた不良品が飼料という形で少しでも役に立てることを嬉しく思います。