日清製粉グループ


特別対談
コナモンの魅力を語る 第2回 もっと暮らしに“たこ焼”を!
日本コナモン協会会長の熊谷真菜さんとパルテノペ総料理長の渡辺シェフが“コナモン=粉物”の魅力について語る対談シリーズ。第2回目のテーマは“たこ焼”。タコヤキストという肩書きも持つ熊谷さんがたこ焼の魅力について、いろいろと語ってくれました。
ソースを塗るたこ焼の存在を知ったときは本当に驚きました。それで屋台とか大阪の下町文化の虜になって、大学の卒論のテーマにも「たこ焼」を選んだんです。

渡辺:
今回のテーマは、ずばり“たこ焼”。熊谷さんの専門分野です。
確か、たこ焼はその昔「ラジオ焼」と呼ばれていたんですよね? どうして「ラジオ焼」と呼ばれていたんでしたっけ?
熊谷:
昭和の初期ですけど、ちょうどその頃「ラジオ」が大ブームで、そのブームにあやかって「ラジオ焼」という名前が付けられたそうです。大阪人はそういう命名の仕方好きですから。
その頃はまだタコは入っていなかったんですね。それにタコが入って「たこ焼」と名付けられたのが昭和10年のことです。
渡辺:
なるほど。それで熊谷さんは、なぜ「たこ焼」に興味を持たれたんですか?
熊谷:
私は西宮出身なんですけど、小さい頃は明石焼のことをたこ焼だと思っていたんですね。
渡辺: 明石焼というのは兵庫県明石市の名物で、お出汁につけて食べるたこ焼のようなものですよね。
熊谷: そうです。家でたこ焼を焼くときもソースは使わずにお出汁で食べていたんですよ。だから、大阪の天神祭でソースを塗るたこ焼の存在を知ったときは本当に驚きました。ソースのにおいをプンプンさせた屋台がとても魅力的で、以来、屋台とか大阪の下町文化の虜になってしまいまして。それで大学の卒論のテーマにも「たこ焼」を選んだんです。
渡辺: その後「たこやき」という本を出版されて世間から“タコヤキスト”と呼ばれるようになり、現在では日本コナモン協会の会長としてご活躍されているわけですね。
熊谷: (笑)そうですね。今はコナモン協会会長として、幅広くコナモン料理全般に興味津々ですが、やはり自分の原点というと「たこ焼」ということになりますね。
たこ焼はピッツァと一緒で、基本的に一品完結料理。ほかのものを一緒に食べるのは邪道です。もちろん一緒にご飯を食べたりなんかしませんよ!(笑)

渡辺:
たこ焼というのはピッツァと一緒で、基本的に一品完結料理というか、それを食べるときはほかには何も一緒に食べないんですよね?
熊谷: そうです。ほかのものを一緒に食べるのは邪道ですね。もちろん一緒にご飯を食べたりなんかしませんよ!(笑)
渡辺: そういえば関西には「お好み焼定食」というのがあって、お好み焼と一緒にご飯が出てくるというのは関東でも有名な話ですが、たこ焼は違うんですね?
熊谷: お好み焼にしてもお店のランチでご飯付きの定食になっているだけで、家庭では一緒にご飯を食べたりはしませんし、それほど日常的なわけでもないんですよ、本当のところは。
渡辺: そうなんですか。関西の人はお好み焼をおかずにしてご飯を食べるのが普通なのかと思ってました。
熊谷: 大阪の人はウケるとうれしいんで、何でもオーバーに言うんですよ。
それと勘違いといえば、関東の屋台でよくある「大阪焼」。お好み焼に似たようなもので“大阪名物”などとのれんに書かれてますが、実際には大阪に「大阪焼」というものはないんですよ。
渡辺: なるほど。確かに大阪で「大阪焼」というのも変ですよね。「明石焼」だって本場の明石では「明石焼」とはいわないで「玉子焼」というんでしたよね。
熊谷: はい。でも、ああいう屋台ものというのは何でもありですからね。実際に大阪にはなくても、なんとなく大阪っぽいから「大阪焼」なんでしょうね。私は屋台のそういうところがとても面白いと思うんです。
大阪ではほとんどの家庭でたこ焼をつくっています。たこ焼器さえあればとても簡単。子どもから大人まで家族みんなで楽しめますし、一度やったら必ずクセになりますよ!

渡辺: たこ焼はお店で買うのもいいですが、家でつくるのがとても楽しいんですよね。
大阪ではほとんどの家庭でたこ焼をつくるそうですが、関東ではあまりやらないですよね。
熊谷: そうなんですよ。たこ焼器がないとできないというのがネックなんでしょうね。
でも、たこ焼器さえあればとても簡単なので、ぜひ多くの人たちに試してみてもらいたいんです。たこ焼器は電気のものとカセットガスを使うものがありますが、どちらもそんなに高価なものではないですから。
渡辺: たこ焼器さえあれば、レシピも簡単ですよね。生地は基本的に薄力粉と卵と水だけですし。
熊谷: はい。もちろん普通に薄力粉でできますけど、日清製粉さんには専用のたこ焼粉もありますね。あれにはプロのたこ焼屋さんが隠し味にするようなものがあらかじめ加わっていますから美味しいたこ焼が簡単につくれます。
粉と水の割合は、300gの粉に対して1リットルの水(もしくはだし汁)というのが失敗しない比率です。ただ、これだとちょっと固めに仕上がります。
今流行りの“カリトロ”にしたい場合は、もう少し水を多めにします。粉が300gだったら1.2リットルぐらい、粉:水=1:4ぐらいですね。

日本コナモン協会のおすすめ「たこ焼」レシピ(材料)
●タコ(茹でたもの) 300g
●小麦粉(薄力粉) 300g
●だし汁(水に粉末だしを混ぜたものでも可) 1000cc
●卵 3個
●天かす(揚げ玉) 100g
ほかに、サラダ油(ごま油を加えても可)、ソース、塩・しょうゆなどの調味料、削りがつお、青のりを適宜。

日清 たこ焼粉
(600g)
日清 たこ焼粉
鰹の風味がいっそう増して、外はカリッと香ばしく、中はとろーり。昆布や紅しょうがの香りも効いています。ふんわりした明石焼も作れます。
日清  だし醤油仕立てのたこ焼粉
(450g)
日清  だし醤油仕立てのたこ焼粉
ふっくら、香ばしい大阪のたこ焼をご家庭でお楽しみいただけます。外はカリッと、中はモチッとやわらかく、鰹を聞かせた土佐醤油、丸大豆醤油、利尻昆布を使って風味豊かに仕上げました。

渡辺: “カリトロ”というのは?
熊谷: 外側がカリッと焼けていて、中は小麦のおかゆのようにトローリとしているたこ焼。カリッとトローリがつまって“カリトロ”。現在の主流ですね。
でも逆に粉の量を増やすというのもあって、粉多めの生地で人気の高いたこ焼屋さんもありますよ。もう七割り方は粉というような。
渡辺: それだと、ホットケーキみたいにドロドロの状態ですね。重たく仕上がらないですか?
熊谷: それが大丈夫なんですよ。そういう粉多めの生地の場合は紅しょうがを多めにいれます。私は薄い生地のときは、紅しょうがは入れずに天かすだけです。
渡辺: おすすめの食べ方なんかはあるんですか?
熊谷: 最近流行っているのが“ネギのせ”です。刻んだ青ネギをソースを塗ったたこ焼の上にいっぱいのせてマヨネーズと七味唐辛子をかけていただくんです。下からの熱でネギが半ナマ状態になり、シャキシャキ感は残しながら甘みも出るんですね。
「ソースを塗ってかつお節と青のり」というのが今までの定番ですけど、最近はソースは使わない醤油系のたこ焼もありますし、ポン酢と七味唐辛子で食べるのも美味しいですよ。ガーリックオリーブオイルなんていうのもありますね。ほかにも試してみれば、けっこういろいろ合うかもしれません。
渡辺: 中身の具のバリエーションなんていうのはあるんでしょうか?
熊谷: もちろん基本はタコ、そして天かすと紅しょうがですけど、それ以外でももちろんOKです。
ソーセージやミンチ、スルメなんかは美味しいですよ。ミンチの場合はネギも一緒に入れる“ネギミンチ”というのが有名です。
あと、今“スジコン”というのが流行っているんですが、これはすじ肉とコンニャクを甘辛く煮込んだものを具にします。
ほかにも冷蔵庫の中で余っている食感のあるものなら大概大丈夫。気軽につくれて、子どもから大人まで家族みんなで楽しめますし、一度やったら必ずクセになると思います。今まで家でたこ焼をつくったことがないという方もぜひ一度試していただきたいですね。

特別対談「コナモンの魅力」インデックスへ戻る
熊谷真菜
日本コナモン協会会長
生活文化研究家、タコヤキスト
1961年 兵庫県西宮市生まれ。立命館大学の卒業論文でたこやきの調査を開始、93年、10年間に及ぶ調査をまとめた「たこやき」(リブロポート=現:講談社文庫)でデビュー。2003年5月7日、「コナモン」の日に日本コナモン協会を設立。日本コナモン協会会長としてコナモンの魅力を広く伝えるべく精力的に活動を展開している。
協会ホームページ:
http://www.konamon.com/


渡辺陽一
レストラン「パルテノペ」総料理長
昭和59年に渡伊し、在ローマバチカン日本大使館・大使付料理長に就任。その後10年間に渡る修業を重ねイタリア国内のリストランテの料理長をも経験。帰国後も第一線のイタリアンシェフとして活躍中。得意とするのは南イタリアの伝統的な地方料理、特に6年間滞在経験のあるナポリの郷土料理。
この対談は、トラットリア ヴィア・パルテノペ 品川店で行われました。
トラットリア ヴィア・パルテノペ 品川店
東京都港区港南2−16−5
三菱重工ビルB1
品川グランドコモンズ内
グランパサージュ2
TEL:03−6718−2825
営業時間:平日(昼)11:30〜14:30(L.O.14:00)/土・日・祝(昼)12:00〜15:00(L.O.14:30)/夜17:30〜23:00(L.O.22:00)
定休日:無休

イタリア料理レシピのトップへ戻る

日清製粉グループ ホーム