最近ペットと話したこと
日清ペットフード「うちのペットは聞き上手2003」入賞作品発表

日清製粉グループの日清ペットフード株式会社(社長:瀬尾 隆)では、『うちのペットは聞き上手2003』コンテストを実施、愛犬・愛猫に「最近話しかけたこと」をテーマに作文を募集したところ、全国から1000通近く作品が寄せられ、この度入賞作品を決定いたしました。特賞12作品は、動物愛護週間の初日である9月20日に、新聞紙上にて発表いたします。

今回のコンテストでは、2003年6月から7月にかけて、新聞及び当社ホームページ上で作品を募集したところ、愛犬・愛猫との愛情溢れるユニークな会話をまとめた作品が多数寄せられ、特賞には、愛犬と愛猫それぞれ6名が選ばれ、「小さな息子さんに命の尊さを無言で教えた愛犬の様子を描いた」東京都の鈴木さん、「一人暮らしOLと猫の共生を描いた神奈川の塩谷さんをはじめ合計12名の方が入選されました。また、全体的な応募作品の傾向としては、「ペットに対する深い愛情」、「ペットに癒される気持ち」、「ペットならではこそ打ち明けられる想い」をまとめた作品が目立ち、ペット達が家族の中で、人間に負けない程大きな存在になっている様子が浮き彫りになりました。

「ペットの元気と長生きのために」をテーマとして事業活動を展開している当社では、ペットと人間の共生を応援したいという願いを込めて、1999年からペットとの心温まるエピソードを募集するコンテストを実施しており、5年目を迎えた今回は過去最高の応募がペット愛好家の方々から寄せられました。

『うちのペットは聞き上手2003』コンテスト実施概要
内容: 「最近ペットに話しかけたこと」をテーマに180字以内にまとめた作文を
新聞・当社ホームページ上で募集。
発表: 2003年9月20日(土)に、新聞及び当社ホームページ上(http://www.nisshin-pet.com)にて特賞12作品を発表。また、入賞354作品の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
入賞賞品:
【特賞/12名】 ペットの写真と作文を新聞広告で掲載。副賞として当社オリジナルカレンダー(「365匹カレンダー」)10本を進呈。
【入賞/354名】 「365匹カレンダー」5本を進呈。
<参考資料>
うちのペットは聞き上手−「最近ペットと何を話しましたか」−
応募作品 特賞受賞例(12作品中4作品)
(1) 愛犬ベル
ベルちゃん、あのね。あなたの大好きな、にいにが、お母さんにこんな事言ったのよ。「ベルが妹になってから、小さな体で一生懸命生きている姿見て、この命、本当に大切にしてやりたいと思った。お母さん、ぼく、獣医になろうと思うんだ!!」“命”の尊さを無言のうちに教え、教えられ、日々成長していく二人。愛らしい子らに恵まれて、今、お母さんは幸せです。
東京都 鈴木 長子 46才
(2) 愛猫キャサリン
キャサリン、新入社員だった私の1か月分給料と引き換えに、あなたを得た日のことを覚えていますか?あれから5年‥現実は厳しく、しがないOLの私は、あなたに庭付きの一戸建ても、ブランド物の首輪も買ってあげられません。けれども、一生涯の愛情と、2食昼寝つきの生活だけは約束します。相手は、まだいないけれど、おそろいのウェディングドレスを着て、一緒にお嫁に行こうね。
神奈川県 塩谷 慶子 28才
(3) 愛猫チョコ
「お母さんの子になれてシアワセかな?だったらケガだけはせんといてナ。お母さん悲しいから。道路を渡る時は、アワてたらあかんヨ。右と左を見て、ゆっくり渡らんとあかん。エエか、わかったネ。」と。27才の息子からは、俺もよう聞いた気がするわと笑っています。
大阪府 西川 美智枝 50才
(4) 愛犬ひみこ
もしおまえが誘拐されたら、国家予算ほどの身代金を要求されても、必ず払ってあげるね、もしあれば。
神奈川県 島井 由美子 56才