本サイトでは、お客様に提供する情報やサービスの充実、本サイトの快適なご利用のために、クッキーを使用しています。本サイトをご利用いただく際には、クッキーの利用について同意いただいたものとみなします。本サイトで使用するクッキーについては、クッキーポリシーをご確認ください。
同意して閉じる

日清製粉グループ本社 欧州駐在員事務所を開設

株式会社日清製粉グループ本社(本社:東京、取締役社長 正田 修)は、5月よりベルギーの首都ブリュッセルに、日本の製粉業界としては初めて欧州駐在員事務所を開設いたしますので、下記の通りお知らせいたします。

1.欧州駐在員事務所開設の目的

日清製粉グループは市場競争のグローバル化に対応し、カナダ・バンクーバー、アメリカ・シアトル、中国・青島、タイ・バンコク及びシンガポールなどの環太平洋エリアで海外事業を展開し、点から線、線から面へと業容を拡大してまいりました。

またヨーロッパとは、製粉設備・包装設備・パスタ製造設備やナポリピザ技術等の導入、日清フーズのディチェコ製品や日清ファルマの医薬品原料素材の輸入、更には日清フーズ製品や日清ファルマのCoQ10の輸出等、日清製粉・日清フーズ・日清ファルマ・日清エンジニアリング等のグループ各社がヨーロッパの各国企業と取引・取組を行ない、そのパイプを強化・拡充してまいりました。

しかもヨーロッパは、食品安全分野ではGMO(遺伝子組換農産物)問題に代表されますようにアメリカに対峙する立場をとっており、BSE・農薬規制・環境ホルモン・アレルギー等の諸問題や、食品安全に関するCODEXを始めとした欧州各国の規制に関する各種情報が豊富で、日本の食品業界に於きましてその重要度は益々高まっております。

更にヨーロッパは、小麦粉・加工食品・健康食品の領域における原料・加工方法・新素材・新製品・有機食品等に関する各種情報の宝庫ともなっております。

このような観点から、今搬日清製粉グループは欧州駐在員事務所を開設し、広く各種の情報を収集すると共に、ヨーロッパ各国の企業との既存取引の更なる円滑化と拡大を図り、併せて将来の事業展開の可能性を検討してまいります。

2.欧州駐在員事務所の概要

(1)名称株式会社日清製粉グループ本社 欧州駐在員事務所
(日本語表記)
Nisshin Seifun Group Inc. Europe Office
(2)設立年月日2004年5月1日
(3)代表者名欧州駐在員事務所長 南澤 陽一
(4)所在地Avenue Louise 65、Box 11、1050 Brussels、BELGIUM