医薬品用原料をシャープに粉砕する
気流式微粉砕機「スーパージェットミル SJ-100GMP」新発売

日清製粉グループのプラント・機器メーカーである日清エンジニアリング(株)(社長:渡邊 陽寛、本社:東京)は、粒度分布のシャープさが要求される医薬品用原料の粉砕に適した、気流式粉体微粉砕機「スーパージェットミル SJー100GMP」を開発し、5月下旬より発売いたします。
この「スーパージェットミル SJー100GMP」は、昨年10月に発売を開始し販売好調である「スーパージェットミル SJ」の効率的な粉砕機構と高精度な分級性能を維持しながら、医薬品業界において求められる高度な「安全」を確保するため、GMP対応の簡易分解性と高度な清掃性を実現したものです。

■新製品スーパージェットミル SJ-100GMPの特徴

  • 粉砕後の微粉分別・取り出し機能を加えることにより、製品回収用のサイクロンが不要。
  • 粉砕機本体と製品回収容器とを一体化することで、製品を回収する為輸送中に生じる経路への付着・堆積をなくし、高価な医薬品原料のロス率を低減。
  • 機内のデッドスペースを減らし、コンタミ/クロスコンタミネーションの原因となる、併せて接合部分の粉体の付着や接合部分の堆積を防止。
  • 部品接合部には分解が容易なクランプを用い、工具を用いずに全ての部品の分解が可能。
  • コンパクトな設計で、実験室レベルや少量での製造に最適。

<スーパージェットミル SJ-100GMPによる主要な乳化剤粉砕例:数値や平均粒型の変化>

  • ラクトース :23μm⇒3μm
  • アミノ酸 :数mm⇒2μm
  • シルク :数mm⇒4μm
  • 結晶セルロース :60μm⇒6μmなど

■従来のスーパージェットミル/SJ シリーズの特徴

  • 旋回流型ジェットミルに高性能の分級機能をもたせ、粉砕の効率化と分級の高精度化を実現。
  • 各種粉体を、粒子の大きさをそろえながら数μmまで粉砕可能。
  • 粗粉の混入を防止する粉砕機構により、従来機種よりさらに微粒化が可能。

※なお、当社では「スーパージェットミル SJ-100GMP」を2004年5月19日(水)〜21日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される「第17回 インターフェックス ジャパン」に出展いたします。