日清製粉グループ 中国事業を拡大
〜 青島地区に新工場を建設し供給能力を倍増 〜

(株)日清製粉グループ本社(取締役社長 長谷川 浩嗣)、日清フーズ(株)(取締役社長 池田 和穗)、日清製粉(株)(取締役社長 中村 隆司)は、三社共同で2002年12月に開始した中国山東省青島地区でのプレミックス事業を拡大するため、同地区に新工場を建設することとしました。

青島日清製粉食品有限公司(代表者:池田和穗 日清フーズ(株)取締役社長)は、プレミックス業界では初めて中国に進出し、日本よりの進出企業を中心とした現地企業にプレミックスを供給しています。その販売数量が順調に推移していることから、この度、山東省即墨市服装工業団地内に用地を確保し、新会社 新日清製粉食品(青島)有限公司を設立、新工場を建設し、供給能力を倍増することを決定しました。

ここ数年、中国は日本向け加工食品基地として順調な成長を遂げております。また、2008年の北京オリンピック、2010年の上海万博を控え中国国内市場の一層の拡大が期待されることから、食への近代化も大きな変化が予想されます。

このような変化を睨み、小麦粉関連商品や加工食品の製造・販売に強みを持つ当社グループの力を生かし、この事業の更なる強化・拡大を図っていく計画です。

今回の事業拡張を契機として、当社グループは環太平洋エリアの海外事業戦略を"点から面"への広がりに繋げ、ビジネスチャンスの拡大を目指してまいります。

(新工場の計画概要)

1.会社名称: 新日清製粉食品(青島)有限公司
2.所在地: 中華人民共和国山東省即墨市城西六路
3.資本金: 720百万円
(日清製粉グループ本社40%、日清フーズ40%、日清製粉20%)
4.董事長: 池田 和穗(日清フーズ(株)取締役社長)
5.総経理: 恩賀 力(青島日清製粉食品有限公司総経理)
6.工場稼動予定: 2006年12月
7.生産能力: 生産能力年間 4,500トン
8.敷地面積: 約20,000坪