• ホーム
  • 企業情報
  • ニュースリリース
  • 2006年3月 3日 〜小麦畑の中の野外小麦粉教室で小麦粉のもつ偉大な“チカラ”を紹介〜「FOODEX JAPAN 2006」に出展

〜小麦畑の中の野外小麦粉教室で小麦粉のもつ偉大な“チカラ”を紹介〜
「FOODEX JAPAN 2006」に出展

株式会社日清製粉グループ本社(社長:長谷川浩嗣)は、2006年3月14日(火)から17日(金)までの4日間、幕張メッセで開催される「FOODEX JAPAN 2006/第31回 国際食品・飲料展」に下記の通り出展致します。

今回、当社グループは、「幸せの穂を育てる」をテーマに、小麦畑の中の野外小麦粉教室をイメージした、これまでにないエンターテインメント性に富んだ体験型のブースを展開します。小麦粉のリーディングカンパニーとして、自社商品をアピールするだけでなく、提案性重視のコンテンツで、小麦粉の“伝統”(いつの時代も変わらぬおいしさ)や、“進化”(時代にあったおいしさ・楽しさ)といった、小麦粉のもつ“チカラ”を紹介します。

具体的には、ヘルスフード科学を専門とする、東京海洋大学大学院の矢澤教授や、オールアバウトジャパン(http://allabout.co.jp/gourmet/bread/)で『パン』のガイドを務めるブレッドジャーナリスト・清水美穂子さんらによる授業風のプレゼンテーションを通して、知って得する、為になる、面白い小麦粉食を紹介します。また、料理研究家の枝元なほみさんによるトークステージや、ロングパスタ・ショートパスタの新メニューの紹介を通して、パスタの新しい可能性と、おいしさ・楽しさをアピールします。

<当社出展概要>

◆テ ー マ: 「幸せの穂を育てる」
◆ブースイメージ: 小麦粉のもつ偉大な“チカラ”を紹介する
「小麦畑の中の野外小麦粉教室」
◆ブース内容:  
1) 「小麦粉のもつ“チカラ”と“文化”」を紹介(日清製粉)
●知って得する、為になる、面白い小麦粉食を紹介する授業風のステージ展開
 (1)「五感刺激のヘルシーライフ」 東京海洋大学大学院 矢澤一良教授
 (2)「五感を喜ばせるパンの愉しみ方」 ブレッドジャーナリスト・清水美穂子さんなど9種のコンテンツ
●給食をイメージしたピッツァやバゲットの試食
●業務用小麦粉の新製品「メゾンカイザートラディショナル」の紹介

2) 「パスタのもつ“楽しさ”と“広がり”」を紹介(日清フーズ)
●料理家・枝元なほみさんのトークステージ
●冷製パスタ・ショートパスタの新メニュー紹介
●給食をイメージした冷製パスタ・ショートパスタの試食
●2006年春家庭用新製品の紹介など

3) 新しい日清バックを配布
●当社グループでは、環境に配慮し、繰り返し使えるバックを期間中、当社ブースにて配布致します。

※ブース内容の詳細は当社ホームページ(http://www.nisshin.com/foodex/)で、 3月6日(月)〜17日(金)まで開設。

◆「FOODEX JAPAN 2006」概要

日   時: 2006年3月14日(火)〜17日(金) 10:00〜17:00(最終日/16:30)
会   場: 幕張メッセ
当社ブース: HALL8 ブースNO.8-407

尚、この他当社グループの日清フーズ株式会社では、イタリア館に出展し、ディ・チェコ製品を展示致します。(HALL3 ブースNO.108-109)