環境マネジメント

私たちの基本姿勢

企業活動によって生ずる環境への影響は地球環境全体にも影響すること、地球環境保全は企業の存続と活動の必須要件であることを認識し、「日清製粉グループ環境基本方針」にもとづき、自主的・積極的に廃棄物やCO2を削減するとともに、資源やエネルギーの有効活用を図る等の環境保全活動を推進します。

当社グループでは環境経営への具体的な考え方を「日清製粉グループ環境基本方針」として1999年4月に定め、2019年度に改定を行いました。

従業員への周知・啓発

新しい方針に基づき、社員一人ひとりが責任を持って行動することで、持続可能な地球環境の実現に貢献していきます。また、その実践に向けてグループ内での浸透を図るため、方針を記載した携帯カードを全社員に配布するほか、eラーニングを実施しています。

グループ環境マネジメントシステム

推進体制

当社グループの事業に関わる環境課題を適切に管理するため、(株)日清製粉グループ本社の取締役 技術本部長のもとに、各事業会社及びグループ本社の委員からなる環境保全推進委員会を組織し、技術本部に環境管理室を設けて、管理体制の充実を図っています。また、各事業会社では本社及び事業場に環境管理責任者を置き、環境管理委員会を設け、グループ全体で環境保全を推進する体制を構築しています。

気候変動等のグループ全体の経営に関わる重要事項は、環境保全推進委員会の協議を経て、グループ本社の取締役等をメンバーとするグループ運営会議や取締役会にて報告され、社長の最高意思決定の下に決定されます。

日清製粉グループの環境マネジメント推進体制
グループ全体のPDCAサイクル

ISO14001のグループ認証

当社グループは国内・海外の全事業場において、ISO14001の認証またはその考えに基づいたマネジメントを運用しています。また、国内では製造拠点だけでなく、オフィス、営業拠点、研究所を含めISO14001の認証を受け、環境経営を推進しています。システムの有効な運用と、事業と一体となった環境経営を実践していることについて審査機関により確認されています。グループ全体でCO2排出量削減・廃棄物削減・リサイクル率向上・水使用の効率化に取り組んでいます。

認証対象範囲
(株)日清製粉グループ本社/日清製粉(株)/(株)日清製粉ウェルナ/日清ファルマ(株)/日清エンジニアリング(株)/日清アソシエイツ(株)/日清サイロ(株)/阪神サイロ(株)/日清製粉プレミックス(株)/マ・マーマカロニ(株)/オリエンタル酵母工業(株)(食品4工場)/研究所/製粉ミュージアム/本社オフィス及び地区オフィスの営業部等の各部署

グループ認証における活動

環境保全活動はグループ全体の目的・目標に基づき作成された各事業場の環境実施計画にしたがって、達成度を評価しています。また、内部環境監査を中心に、法規制等の遵守状況を含めて活動状況を確認しています。

すべての事業場、事業会社、グループ全体の環境保全推進委員会において、環境保全活動の成果を評価するマネジメントレビューを実施しています。

NBCグループの認証

NBCグループは、連結対象2子会社を含む8事業場でグループ認証を取得しています。

環境リスクマネジメント

環境監査

工場・研究所・営業部署等のオフィスも含めて、ISO14001認証を取得し、外部審査や内部審査等を通じて、EMS(環境マネジメントシステム)の運用状況を確認しながら、継続的な改善を続けています。さらに独自の厳しい基準に基づいたグループ環境監査により、環境に関連した法令遵守や目標の達成状況等を確認しており、近年の改善命令や改善勧告の件数は低い水準を維持しています。環境監査で検出された事項については、環境保全や汚染予防の観点から、継続的な改善につなげています。

グループ環境監査実績
年度 実施事業
会社数
実施事業
場数
監査結果
改善命令 改善勧告
2018年度 17 27 1 0
2019年度 16 26 1 0
2020年度 7 9 0 0

環境法令の遵守

2018年度は大気汚染防止法、水質汚濁防止法、騒音規制法、廃棄物処理法等の環境法令・条例違反や罰金はありませんでした。
また、CO2換算で1,000t以上のフロンガスの漏洩が発生した場合には、フロン排出抑制法(2015年4月施行)に基づき、報告を行っています。
引き続き国内外の環境関連法規制及び企業行動規範を遵守していきます。

環境法令・条例違反等の発生状況
年度 法令違反 罰金・処罰
2018年度 0件 なし
2019年度 0件 なし
2020年度 1件 なし