労働安全衛生

当社グループは、年度ごとに安全衛生管理方針を定め、労働安全衛生に対する考え方を社員と共有し、安心して働ける職場づくりに努めています。

安全衛生管理基本方針

安全衛生管理方針は、毎年、災害分析を行って、問題を抽出し、その対策を翌年度の安全衛生管理方針に反映させPDCAを回すことにより、事故や災害の発生を継続的に減少させることを目指しています。
「安全衛生管理方針」には基本方針と重点実施事項が含まれ、安全衛生管理委員会で審議した後、経営層に報告しています。

安全衛生管理基本方針

安全はすべてに優先する。災害は防止することができ、また防止しなければならない。
管理監督者は労働災害を未然に防ぐため、ヒヤリハット事例の活用と対策、 危険予知活動、リスクアセスメントを実施することにより、安全な職場環境を形成する。特に新入者への安全教育の徹底および転倒災害等の各事業場で頻度の高い災害防止への対策を強化する。
交通災害については、災害事例の横展開を徹底するとともに定期的な交通危険予知訓練等の安全教育を実施し、危険への感受性を高める。
衛生管理への取り組みでは、社員の心身の健康増進、安全・快適で衛生的な職場環境の維持・向上を図る。
社員一人ひとりは、危険予知の感度を高めて不安全な行動を撲滅する。また心と身体の健康の保持・増進に努める。

重点実施事項

労働災害

交通事故

火災・小火

衛生管理

2021年度の目標

職場の労働災害ゼロ

加害交通事故ゼロ

職場の長欠者ゼロ

火災・小火の発生ゼロ

労働安全衛生に関するマネジメントについて

(株)日清製粉グループ本社の取締役 技術本部長を委員長として、グループ各社の生産系の取締役から構成される安全衛生管理委員会を組織し、また技術本部に安全衛生管理室を設けて、管理体制の充実を図っています。安全衛生管理委員会は年に1回開催し、その結果を(株)日清製粉グループ本社の取締役等をメンバーとするグループ運営会議に報告しています。
労働安全衛生に関するマネジメントについては、「安全衛生管理方針」をベースとして、安全衛生管理委員会を中心にPDCAのサイクルを回しています。特に、PDCAのDに相当するリスクアセスメントについては、必要性を認識して取り組んでおり、グループ本社の安全衛生管理室による国内外事業会社の監査で実施状況を確認しています。また、社外の目による監査は重要と考えており、第三者機関による診断を行うこととし、2015年度から開始し、継続して行っています。

安全衛生活動の実行・推進体制

労働災害防止のためのリスクアセスメント

2005年度にリスクアセスメント活動をグループ内に導入・展開し、現在はすべての工場、研究所に定着しています。
2016年度からは「化学物質のリスクアセスメント」活動も対象の事業場で行い、活動全体を充実させています。また、M&A 等の新規プロジェクトにおいては、必要に応じて、対象会社の安全衛生規定や労災発生状況、労働関連当局からの是正勧告対応状況等について事前に確認しています。

リスクの大きさを評価し、そのリスクが許容できるか否かを決定する全体的なプロセスのことです。

労働災害の発生状況

労働災害発生状況の推移

2020年度は前年度に比べ休業災害は減少しましたが、不休災害が増加しました。
災害内容は「挟まれ・巻き込まれ」が減少し、「転倒」が増加しました。全体における半数は非定常作業中の災害でした。作業前KYを実施していない、または不十分であると思われる災害が大半を占めたことから引き続き危険予知活動、指差呼称の強化を図るとともに、ヒヤリハット情報の収集と改善、リスクアセスメントの推進、高年齢作業者に対する安全対策を実施し、災害減少を図っています。尚、過去30年以上にわたって従業員の死亡災害は発生しておりません。

労働災害者数
災害内容 2018年度 2019年度 2020年度
挟まれ・巻き込まれ 6名 6名 4名
転倒 4名 0名 4名
その他 21名 13名 14名

対象範囲:(株)日清製粉グループ本社、日清製粉(株)、(株)日清製粉ウェルナ、日清ペットフード(株)、日清ファルマ(株)、日清エンジニアリング(株)、オリエンタル酵母工業(株)、(株)NBCメッシュテックの直接雇用者及び派遣社員を対象(子会社及び海外事業場は含まない)

休業災害度数率(LTI※1
  2018年度 2019年度 2020年度
日清製粉グループ※2 1.37 1.58 1.35
日本の全産業 1.83 1.80 1.95
日本の製造業 1.20 1.20 1.21

※1LTI = 労働災害による死傷者数/のべ実労働時間数 × 1,000,000
(※休業1日以上及び身体の一部または機能を失うものを含む)

※2対象範囲:(株)日清製粉グループ本社、日清製粉(株)、(株)日清製粉ウェルナ、日清ペットフード(株)、日清ファルマ(株)、日清エンジニアリング(株)、オリエンタル酵母工業(株)、(株)NBCメッシュテックの製造及び研究部門の直接雇用者及び派遣社員を対象(子会社及び海外事業場は含まない)

交通事故の件数は前年度に比べやや増加しました。事故原因としましては、昨年度と同様に加害事故と双方不注意を合わせて全体の約3割、自損事故が約4割を占めています。自損事故では駐車場内での接触が多く、被害事故では赤信号等で停車時に追突される事故が多くみられました。
交通事故削減への取組みとして、動画を活用した危険予知活動の実施、ドライブレコーダー、安全装置・運転者支援システムの導入推進等を実施し、事故防止に努めています。また交通事故発生事業場にて、原因分析、対策を立案し、さらに安全衛生管理室でその内容を確認してコメントを付け加えてグループ内に随時配信する等情報共有と水平展開を実施しています。

労働安全衛生活動

当社グループは労働安全衛生に関する独自の基準に基づいた監査を国内外の事業場で実施しています。災害発生時には、発生場所、発生状況、原因、対策をまとめ、働くすべての社員に周知を行い、労働災害防止に取り組んでいます。また、海外子会社へも本社の技術者や生産担当者を派遣して安全基準の徹底を図っています。

「機械への挟まれ・巻き込まれ」による重大災害の防止

2020年度の挟まれ・巻き込まれによる被災者は4名で前年度に比べて減少しました。ただし、いまだに機械の掃除、修理又は調整時に、機械が動いたまま手を出す災害が発生しており、災害が発生した事業場では原因の調査を行い、非定常作業での機械の停止を徹底すると共に設備の構造改善等のハード面での対策、作業手順書改訂や注意表示、危険予知活動の推進、安全教育等のソフト面での対策を行い、災害内容と対策を各部署、他事業場への水平展開を実施するなど、再発防止を図っています。

挟まれ・巻き込まれ事故を再現した様子

労働安全衛生に関する研修

労働安全衛生に対する考え方を社員と共有し、安心して働ける職場づくりを実現するため、安全衛生に関する各種研修を実施しており、国内の主要事業会社及びその子会社の従業員を対象としています。研修は階層別に実施しており、研修の主な内容は次の通りです。

国内グループ会社の教育
教育名称とプログラムの内容 対象者 受講者数(名)
2018
年度
2019
年度
2020
年度
安全リーダー研修
事業場の安全衛生委員会委員(事務局担当者)を対象に、事業場での安全衛生活動のレベルアップのための情報提供、交換、共有化の研修(2日コース/1回)
対象者:工場現場監督者
工場現場監督者 27 19 0
監督者安全研修
事業場で職長、または職長に該当する監督業務に従事する者に対して、能力向上を目的とした研修(3日コース/1回)
対象者:職長及び同等監督者
職長及び同等監督者 24 28 0
安全管理者研修
事業場で安全管理者、または安全管理者と同等に組織の安全管理監督業務に従事する者に対して、能力向上を目的とした研修(2日コース/1回)
対象者:安全管理者及び同等管理者
安全管理者及び同等管理者 11 0 3
監督者安全研修フォローアップ
監督者安全研修受講者の経年後再教育を目的とした研修(2日コース/1回)
対象者:職長及び同等監督者
職長及び同等監督者 18 19 9
新入社員安全研修(総合職社員)
総合職新入社員全員に対して、入社時の安全教育を目的とした研修(半日コース/1回)
対象者:総合職新入社員
総合職 系新入社員 83 87 0
新入社員安全研修(技能職社員)
工場の技能職新入社員全員に対して、入社時の安全教育を目的とした研修(半日コース/1回)
対象者:技能職新入社員
技能職系新入社員 74 43 38
各種技術関連能力向上研修中の安全研修
技術関連(設備保全、分析技術等)能力向上研修参加者に対して、安全に関する能力向上を目的とした研修(2時間程度/1研修機会)
対象者:技術関連能力向上研修受講者
技術関連能力向上研修受講者 37 30 24

上記のほか、交通安全に関する研修として、自動車教習所に派遣してのドライビング講習や運転適性の確認、地元警察の方による交通安全運転講習、また安全衛生管理室より資料を提供しての交通危険予知トレーニング(KYT)を行っています。
2020年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、対面での研修を縮小し、オンラインによる研修を実施しました。今年度以降も同様の状況が続きますが、研修体制の充実を進めてまいります。

社内表彰

当社グループでは、工場・研究所、営業部署を対象に休業災害・重大な通勤災害・火災のない拠点を安全優良事業場として表彰しています。

年間無災害表彰
対象:年間無災害が3年以上継続した事業場(優良事業場)、及び2年継続した事業場(進歩事業場)
無災害時間表彰
対象:無災害50万時間に達した事業場
社内表彰を受けた事業場数
2018年度 2019年度 2020年度
年間無災害表彰(優良事業場) 11拠点 12拠点 13拠点
年間無災害表彰(進歩事業場) 8拠点 2拠点 3拠点
無災害時間表彰 3拠点 7拠点 1拠点

対象範囲:(株)日清製粉グループ本社、日清製粉(株)、(株)日清製粉ウェルナ、日清ペットフード(株)、日清ファルマ(株)、日清エンジニアリング(株)、オリエンタル酵母工業(株)、(株)NBCメッシュテックの事業場を対象。(子会社及び海外事業場は含まない)

下請会社等に対する安全の要請

下請会社等におけるキャパシティ・ビルディング

感染予防策

食品メーカーとしての供給責任を果たすべく、新型コロナウイルスを含め感染症に対し、日常での予防対策、発生時の対応手順を明示し、状況に応じては対策本部を設置するなど、速やかに、全従業員への周知を図るとともに、発生時の報告体制を明確化することで、感染症の拡大防止に努めています。
グローバルに事業を展開するうえでは、当社グループが事業展開する東南アジアで広がる「マラリア」等について、赴任する社員に感染予防対策の指導をしています。また、不慮の障害、感染症を含む疾病に罹患した際に適切な治療が受けられるよう、医療機関の紹介や手配を行う「海外医療アシスタンス制度」を導入しています。