このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

学ぶ・楽しむ

サイト内の現在位置

小麦粉百科

小麦粉編

パスタ編

パスタ編

パスタの基礎知識パスタの上手な選び方・使い方パスタができるまで パスタの歴史

パスタの基礎知識

パスタの種類

パスタの種類

パスタ(ここではスパゲティとマカロニの総称として「パスタ」と呼びます)の製造が機械で行われるようになってから、さまざまな形のパスタが簡単に作られるようになりました。本場イタリアのパスタ料理は1,000種類以上と言われ、用途に合わせてパスタの種類も300種類以上と言われています。

日本でも多くの種類が出回っていますが、スパゲティにサラダに、スープにと、いろいろ使い分けられるのがパスタ料理の楽しさです。
ここでは、代表的なパスタをご紹介します。

スパゲティ(ロングパスタ)※写真は断面と側面

カッペリーニ

カッペリーニ
太さ約0.9mm
極細な麺でスープの具として楽しめます。

フェデリーニ

フェデリーニ
太さ約1.4mm
ジェノベーゼペーストがおすすめ。

スパゲッティーニ

スパゲッティーニ
太さ約1.6mm
シンプルなトマトソースによく合います。

スパゲッティ

スパゲッティ
太さ約1.9mm
魚貝のソースに合わせるのがおすすめ。

リングイーネ

リングイーネ
リングイーネ ピッコレ
麺が楕円形なのでソースがうまくのります。

「マ・マー スパゲティ」では商品名として「スパゲティ」を統一して使用し、太さの表示で区別しています。

マカロニ(ショートパスタ)

フスィリ

フスィリ
ミートソースやトマトソースがおすすめ。

ペンネ リガーテ

ペンネ リガーテ
節目の溝にチーズソースがよくのります。

コンキリエ リガーテ

コンキリエ リガーテ
トマトソースの他、ソテーやサラダにおすすめ。

ファルファーレ

ファルファーレ
クリームソースでからめたり、サラダにも。

その他

ラザーニャ

ラザーニャ
ホワイトソースやミートソースがおすすめ。

フェットゥチーネ

フェットゥチーネ
幅広なのでコクのあるソースが合います。

パスタの特徴

デュラムセモリナ

パスタの特徴

パスタの多くは、デュラムセモリナというパスタ用のデュラム小麦を粗挽きしたものを使用しています。

グルテン含有量の多い硬質のデュラム小麦は、別名マカロニ小麦といわれるほどマカロニやスパゲティに最適とされています。この小麦の胚乳部を粗挽きしたものがデュラムセモリナで、良質のたんぱく質、グルテンを多く含み、甘みがあるのが特長です。美しい琥珀(こはく)色は、デュラムセモリナ本来の自然な色で、卵や着色料を使用しているわけではありません。

マ・マーではこのデュラムセモリナを100%使用。その特性を十分にいかし、しかも日本人の口に合った、ほどよいコシの強さを実現、おいしさを一層引き出すことに成功しました。

また、JAS規格(日本農林規格)では「マカロニ類品質表示基準」として、以下のように定めています。

「マカロニ類」とは、デュラム小麦のセモリナ若しくは普通小麦粉又は強力小麦のファリナ若しくは普通小麦粉に水を加え、これに卵、野菜等を加え又は加えないで練り合わせ、マカロニ類成形機から高圧で押し出した後、切断し、及び熟成乾燥したものをいう。
(中略)
加工食品品質表示基準第4条第1項第1号本文の規定にかかわらず、「マカロニ類」と記載すること。ただし、マカロニ類のうち、2.5o以上の太さの管状又はその他の形状(棒状又は帯状のものを除く。)に成形したものにあっては「マカロニ」と、1.2o以上の太さの棒状又は2.5o未満の太さの管状に成形したものにあっては「スパゲッティ」と、1.2o未満の太さの棒状に成形したものにあっては「バーミセリー」と、帯状に成形したものにあっては「ヌードル」と記載することができる。

なお、上記の乾燥パスタとは別に、生パスタとよばれるパスタもあります。生地に卵やオリーブオイル、野菜を練り込んだり、肉などの具が包まれたものもあり乾燥パスタに比べてソフトな食感が特徴です。