日清製粉グループ

小麦粉ができるまで

うどんやラーメン、スパゲティ、お好み焼きにケーキやクッキ−…みんなが大好きな食べ物に欠かせないのが小麦粉!その小麦粉がどうやってできるのか、詳しくご紹介します!

1.小麦粉の原料

小麦粉の原料は小麦。大きく分けると、強力粉、中力粉、薄力粉の3つの種類があります。

 

小麦粉の原料は小麦です。小麦粉には大きく分けると、強力粉、中力粉、薄力粉の3 つの種類があり、どんな食べ物をつくるかによって使い分けます。また、小麦粉には食べ物に粘りや弾力を与えるグルテンという独特のたんぱく質があります。パンがふっくら膨らんだり、麺がシコシコツルツルなのも、そのグルテンのおかげです。

上へ

2.原料を搬入する

船で運ばれてきた小麦は機械で一気に吸い上げられ、サイロと呼ばれる貯蔵庫に送らます

 

穀物船で運ばれてきた小麦は、ニューマチックアンローダーという機械で一気に吸い上げられ、サイロと呼ばれる貯蔵庫に送られて、一旦ためておきます。ちなみに日本で使われている小麦は約90%が輸入。つまり外国からやってきます。アメリカやカナダ、オーストラリア産の小麦が中心です。

上へ

3.細かくくだく

小麦の粒は「ロール機」という機械に何度も通して細かくくだきます。

 

小麦の粒をくだくには「ロール機」という機械を使います。ロール機には細かい溝の入った2つのローラーが付いていて、その間を小麦が通り抜けていくときに細かくくだかれます。ロール機を通した小麦はふるいにかけられ、さらに何台ものロール機にかけられます。この作業を繰り返すことで、小麦の粒がだんだん細かくなり、粉になっていきます。

上へ

4.ふるいにかける

細かくくだいた小麦の粒はシフターと呼ばれるふるいにかけられます。

 

ロール機で細かくくだいた小麦の粒は、シフターと呼ばれる大きなふるいにかけられます。ふすまの部分はシフターでふるい分けきれないのでピュリファイヤーという機械で取り除きます。そのあと、またロール機、シフター、ピュリファイヤーと、この作業を何度も繰り返すことで、ようやく細かくて真っ白なサラサラの小麦粉が完成します。

上へ

5.さまざまな検査をする

小麦粉の成分や粒の大きさ、生地の性質など、さまざまな検査を行っています。

 

小麦粉の成分や粒の大きさをチェックしたり、小麦粉に水を加えてできた生地の性質をチェックします。また実際にパンやうどんをつくってみて、味、色、香り、食感などを調べたり、さまざまな検査を行っています。

上へ

6.包装・出荷する

袋に機械が自動で小麦粉を詰めていきます。保管・出庫の作業もすべて自動です。

 

袋に機械が自動で小麦粉を詰めていきます。そのあと、金属検出器でのチェックと重さのチェックを行います。保管・出庫の作業はすべて自動です。小麦粉の種類や製造した日付けなど、コンピューターで情報を管理しているので、必要な小麦粉を素早く出荷することができます。

コーナートップへ戻るパスタができるまで
上へ

日清製粉グループ

メニューを開く

小麦粉ができるまで

うどんやラーメン、スパゲティ、お好み焼きにケーキやクッキ−…みんなが大好きな食べ物に欠かせないのが小麦粉!その小麦粉がどうやってできるのか、詳しくご紹介します!

  • 1.小麦粉の原料
  • 2.原料を搬入する
  • 3.細かくくだく
  • 4.ふるいにかける
  • 5.さまざまな検査をする
  • 6.包装・出荷する

1.小麦粉の原料

小麦粉の原料は小麦。大きく分けると、強力粉、中力粉、薄力粉の3 つの種類があります。

 

小麦粉の原料は小麦です。小麦粉には大きく分けると、強力粉、中力粉、薄力粉の3つの種類があり、どんな食べ物をつくるかによって使い分けます。また、小麦粉には食べ物に粘りや弾力を与えるグルテンという独特のたんぱく質があります。パンがふっくら膨らんだり、麺がシコシコツルツルなのも、そのグルテンのおかげです。

2.原料を搬入する

船で運ばれてきた小麦は機械で一気に吸い上げられ、サイロと呼ばれる貯蔵庫に送らます

 

穀物船で運ばれてきた小麦は、ニューマチックアンローダーという機械で一気に吸い上げられ、サイロと呼ばれる貯蔵庫に送られて、一旦ためておきます。ちなみに日本で使われている小麦は約90%が輸入。つまり外国からやってきます。アメリカやカナダ、オーストラリア産の小麦が中心です。

3.細かくくだく

小麦の粒は「ロール機」という機械に何度も通して細かくくだきます。

 

小麦の粒をくだくには「ロール機」という機械を使います。ロール機には細かい溝の入った2つのローラーが付いていて、その間を小麦が通り抜けていくときに細かくくだかれます。ロール機を通した小麦はふるいにかけられ、さらに何台ものロール機にかけられます。この作業を繰り返すことで、小麦の粒がだんだん細かくなり、粉になっていきます。

4.ふるいにかける

細かくくだいた小麦の粒はシフターと呼ばれるふるいにかけられます。

 

ロール機で細かくくだいた小麦の粒は、シフターと呼ばれる大きなふるいにかけられます。ふすまの部分はシフターでふるい分けきれないのでピュリファイヤーという機械で取り除きます。そのあと、またロール機、シフター、ピュリファイヤーと、この作業を何度も繰り返すことで、ようやく細かくて真っ白なサラサラの小麦粉が完成します。

5.さまざまな検査をする

ゆっくり・じっくりと水分を抜いていき、ひび割れのない、透明感のあるパスタに仕上げます。

 

小麦粉の成分や粒の大きさをチェックしたり、小麦粉に水を加えてできた生地の性質をチェックします。また実際にパンやうどんをつくってみて、味、色、香り、食感などを調べたり、さまざまな検査を行っています。

6.包装・出荷する

袋に機械が自動で小麦粉を詰めていきます。保管・出庫の作業もすべて自動です。

 

袋に機械が自動で小麦粉を詰めていきます。そのあと、金属検出器でのチェックと重さのチェックを行います。保管・出庫の作業はすべて自動です。小麦粉の種類や製造した日付けなど、コンピューターで情報を管理しているので、必要な小麦粉を素早く出荷することができます。

コーナートップへ戻るパスタができるまで
本サイトでは、お客様に提供する情報やサービスの充実、本サイトの快適なご利用のために、クッキーを使用しています。本サイトをご利用いただく際には、クッキーの利用について同意いただいたものとみなします。本サイトで使用するクッキーについては、クッキーポリシーをご確認ください。
同意して閉じる
On this site, we use cookies to enhance the information and services provided to customers and to make the comfortable use of this site. By using this site, you shall be deemed to agree to our use of cookies. Please check the cookie policy for cookies used on this site.
Accept