日清製粉グループ

パスタができるまで

さあ、みんなが大好きなパスタがどうやってつくられているのか、パスタ工場をご案内!工程ごとに動画を使って詳しく紹介していくよ!

1.パスタの原料とは

パスタの原料はデュラムセモリナと水だけ。

 

スパゲッティやマカロニの原料となるのは小麦を粗く挽いたデュラムセモリナ。パスタは、そのデュラムセモリナと水だけでできています。だからパスタが黄色いのはデュラムセモリナそのものの自然な色。

上へ

2.原料を搬入する

タンクローリーで運ばれてきたデュラムセモリナはパイプをつなぎ空気輸送でサイロに移されます。

 

原料のデュラムセモリナはタンクローリーというトラックで工場に運ばれてきます。デュラムセモリナはタンクローリーにパイプをつなぎ、空気輸送でサイロへ移されます。サイロに一旦蓄えられたデュラムセモリナはパイプラインを通じて自動的に生産ラインに送られます。

上へ

3.生地をつくる

デュラムセモリナはまず水が加えられ、ダブルミキサーと真空ミキサーでよく練り合わされます。

 

サイロから送られてきたデュラムセモリナにはまず水を加え、ダブルミキサーという刃が付いた機械でよく混ぜます。よく練り合わせた生地は真空ミキサーへ。真空ミキサーは空気を抜いて真空状態にしています。それは生地の密度を高めるため。生地をつくる段階で密度を高めておくことで、パスタ独特の歯応えが生まれるのです。

上へ

4.成形する

パスタは生地に圧力をかけてダイスの穴から押し出して形成します。

 

ミキサーでよく練った生地はダイスという型を通り抜けることで細長いスパゲティの形になります。成形するときのポイントは高い圧力をかけて押し出すこと。パスタのシコシコとした食感の秘密はこの圧力にあるのです。マカロニもスパゲティと同じように生地に圧力をかけてダイスの穴から押し出してつくります。

上へ

5.乾燥させる

ゆっくり・じっくりと水分を抜いていき、ひび割れのない、透明感のあるパスタに仕上げます。

 

パスタづくりで重要な工程が「乾燥」です。乾燥にはすごく時間がかかります。乾燥工程に時間をかけるのは、ゆっくり・じっくりと水分を抜いていくことで、ひび割れのない、透明感のあるパスタに仕上げるため。パスタの色や香り、硬さは乾燥の技術で決まります。

上へ

6.包装・検査する

できあがったパスタは正確な重さで包装され、さまざまな検査が行われます。

 

できあがったパスタは自動的に包装の工程に運ばれ、正確な重さで包装されます。袋には賞味期限を印刷。その後、正しく印刷されているかどうか、決められた重さかどうかをチェック。また金属が入っていないか、念のため金属検出機を使ってチェックします。さらに人の目による検査も行われます。

上へ

7.出荷する

商品は自動的に段ボールのケースに詰められ、トラックに積み込まれて出荷されます。

 

検査を終えた商品は自動的に段ボールのケースに詰められます。ケースはロボットによって商品ごとに振り分けられてパレットに積まれ、一旦倉庫に保管された後、フォークリフトでトラックに積み込まれ、出荷されます。

コーナートップへ戻る小麦粉ができるまで
上へ

日清製粉グループ

メニューを開く

パスタができるまで

さあ、みんなが大好きなパスタがどうやってつくられているのか、パスタ工場をご案内!工程ごとに動画を使って詳しく紹介していくよ!

  • 1.パスタの原料とは
  • 2.原料を搬入する
  • 3.生地をつくる
  • 4.成形する
  • 5.乾燥させる
  • 6.包装・検査する
  • 7.出荷する

1.パスタの原料とは

パスタの原料はデュラムセモリナと水だけ。

 

スパゲッティやマカロニの原料となるのは小麦を粗く挽いたデュラムセモリナ。パスタは、そのデュラムセモリナと水だけでできています。だからパスタが黄色いのはデュラムセモリナそのものの自然な色。

2.原料を搬入する

タンクローリーで運ばれてきたデュラムセモリナはパイプをつなぎ空気輸送でサイロに移されます。

 

原料のデュラムセモリナはタンクローリーというトラックで工場に運ばれてきます。デュラムセモリナはタンクローリーにパイプをつなぎ、空気輸送でサイロへ移されます。サイロに一旦蓄えられたデュラムセモリナはパイプラインを通じて自動的に生産ラインに送られます。

3.生地をつくる

デュラムセモリナはまず水が加えられ、ダブルミキサーと真空ミキサーでよく練り合わされます。

 

サイロから送られてきたデュラムセモリナにはまず水を加え、ダブルミキサーという刃が付いた機械でよく混ぜます。よく練り合わせた生地は真空ミキサーへ。真空ミキサーは空気を抜いて真空状態にしています。それは生地の密度を高めるため。生地をつくる段階で密度を高めておくことで、パスタ独特の歯応えが生まれるのです。

4.成形する

パスタは生地に圧力をかけてダイスの穴から押し出して形成します。

 

ミキサーでよく練った生地はダイスという型を通り抜けることで細長いスパゲティの形になります。成形するときのポイントは高い圧力をかけて押し出すこと。パスタのシコシコとした食感の秘密はこの圧力にあるのです。マカロニもスパゲティと同じように生地に圧力をかけてダイスの穴から押し出してつくります。

5.乾燥させる

ゆっくり・じっくりと水分を抜いていき、ひび割れのない、透明感のあるパスタに仕上げます。

 

パスタづくりで重要な工程が「乾燥」です。乾燥にはすごく時間がかかります。乾燥工程に時間をかけるのは、ゆっくり・じっくりと水分を抜いていくことで、ひび割れのない、透明感のあるパスタに仕上げるため。パスタの色や香り、硬さは乾燥の技術で決まります。

6.包装・検査する

できあがったパスタは正確な重さで包装され、さまざまな検査が行われます。

 

できあがったパスタは自動的に包装の工程に運ばれ、正確な重さで包装されます。袋には賞味期限を印刷。その後、正しく印刷されているかどうか、決められた重さかどうかをチェック。また金属が入っていないか、念のため金属検出機を使ってチェックします。さらに人の目による検査も行われます。

7.出荷する

商品は自動的に段ボールのケースに詰められ、トラックに積み込まれて出荷されます。

 

検査を終えた商品は自動的に段ボールのケースに詰められます。ケースはロボットによって商品ごとに振り分けられてパレットに積まれ、一旦倉庫に保管された後、フォークリフトでトラックに積み込まれ、出荷されます。

コーナートップへ戻る小麦粉ができるまで