このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

CSRの窓 社会活動 お客様とともに

サイト内の現在位置

消費者視点の品質保証

当社グループは「今、あなたが行っている仕事を、消費者の皆様にきちんと説明できますか」を合言葉に社員一人ひとりが、「消費者視点の品質保証」を実践しています。

PLAN
「消費者視点の品質保証」を第一に品質保証体制を構築する
『安心・安全で高品質な製品・サービスを開発し提供することで、健康で豊かな生活づくりに貢献します。また、お客様に最大の満足を得ていただくよう努めます。』
  • 食品安全マネジメントシステムの活用
  • 品質保証責任者制度
DO
開発・製造の各段階で製品安全に係る基本的事項を遂行するとともに、品質保証を向上するための教育を行う
  • セイフティレビュー
  • 新規原材料・新製品・景品等の安全性審査
  • 品質保証研修
CHECK & ACTION
安心・安全かつ高品質な製品を提供できていることを消費者視点から確認する
  • 自社監査
    品質保証監査(Nisshin Quality Assurance Audit、NQ監査)
    製造環境モニタリング
  • 外部審査機関からの監査
    第三者診断
    AIBフードセーフティ監査など
  • 表示の適正性モニタリング
  • 既存原料モニタリング
  • お客様の声検討会

食品安全マネジメントシステムの活用

国際規格であるISO22000・FSSC22000等の第三者認証機関の認証を取得、維持することで継続的改善を行い、食品安全に関する取組をより確かなものにしています。

認証取得状況(国内事業場)
日清製粉(株)本社および全9工場でISO22000を取得
全9工場でFSSC22000およびJFS-E-Cを取得
※全9工場(函館工場、千葉工場、鶴見工場、名古屋工場、知多工場、東灘工場、岡山工場、坂出工場、福岡工場)
日清フーズ(株)本社、館林工場でISO22000を取得
館林工場でFSSC22000を取得
日清製粉プレミックス(株)名古屋工場でFSSC22000を取得
マ・マーマカロニ(株)本社、宇都宮工場でISO22000を取得
神戸工場でFSSC22000を取得
イニシオフーズ(株)白岡工場、熊谷工場でISO22000を取得
オリエンタル酵母工業(株) 本社、大阪工場、埼玉工場、東京工場、びわ工場、(株)パニーデリカでISO22000を取得
日清ファルマ(株)上田工場で健康補助食品および原材料GMPを取得
  • ※ISO22000:食品衛生管理で世界的に認められているHACCPの食品安全ハザードリスク分析の手法を取り入れた食品安全マネジメントシステム
  • ※FSSC22000:ISO22000をベースに、一般的な食品衛生管理方法などのルールを加えた食品安全マネジメントシステム

※GMP:製造管理および品質管理に係る規範

※JFS-E-C:(一財)食品安全マネジメント協会による日本発の食品製造業向けの食品安全マネジメントシステム

フードチェーン全体での品質保証

あんしんの礎 新しいウィンドウが開きます
食の安心のために、製品開発、原料調達から製造、物流にいたるまですべての製造工程で品質を第一とし、ひとつひとつ安心を積み上げていきます。
詳しい取り組み内容は、「あんしんの礎」をご覧ください。

品質保証責任者制度

図

工場には、生産部門から独立し、消費者視点で品質を保証する「品質保証責任者」が駐在しており、工場での最終的な出荷判定を行っています。

セイフティレビュー

新規原材料・新製品・景品等は、各事業会社で専門知識を持つ技術者が集まり、「セイフティレビュー」で安全性を総合的に評価します。評価項目は、法令遵守、危害要因分析、ユニバーサルデザイン、環境配慮など幅広く、全評価項目の基準を満たすまで繰り返し評価が行われます。

新規原材料・新製品・景品等の安全性審査

「セイフティレビュー」で承認された新規原材料・新製品・景品等は、グループ本社QEセンターで残留農薬等の分析による安全性の確認を行い、採用・販売の可否の最終判断を行っています。

品質保証研修

日清製粉グループでは、開発から製造・流通・営業まですべての業務に携わる従業員を対象に、「消費者視点の品質保証」を実践するため「品質保証研修」を実施しています。研修では安心・安全についてお客様が求める具体的な要望、業界や行政の動向と関連規制の状況、食品安全に関する知識を学んでいます。

フードディフェンス

製品への「意図的な汚染」に対する備えとして、「日清製粉グループ・フードディフェンスガイドライン」を作成し、従業員が働きやすい職場環境づくり、工場への入退場の記録管理、持込み品の制限、カメラの設置などを行っています。また、定期的にガイドラインに沿った運用が行われていることを確認しています。

品質保証監査、製造環境モニタリング

製・商品の設計から製造、品質管理、出荷、保管管理を経て消費者にお届けするまでのすべての段階で実施される品質保証活動を、「品質保証監査(Nisshin Quality Assurance Audit、NQ監査)」により確認し、継続的に改善することで、消費者視点の品質保証体制の維持・向上を図っています。また、QEセンターによる製造環境モニタリングを行い、製造工場の衛生状態を確認しています。

第三者診断

品質保証活動が適正に行われていることを保証するために、日清製粉グループと利害関係のない第三者(外部診断機関など)による工場診断を受けています。

AIBフードセーフティ監査

AIBフードセーフティ監査とは、AIB(アメリカ製パン研究所)が開発した食品安全指導・監査システムです。日清製粉グループでは日清製粉(株)、日清フーズ(株)、日清プレミックス(株)、オリエンタル酵母工業(株)の工場で受審し、製品安全管理水準の維持・向上に努めています。

表示の適正性モニタリング

製・商品への表示は、グループ各社が責任を持って行っていますが、グループ本社のお客様相談室、品質保証部、法務部、知的財産部が、それぞれの立場・視点で表示内容が適正か確認し、その結果をグループ各社へフィードバックすることで、お客様にとってより分かりやすい表示の実現を目指しています。

既存原料モニタリング

採用した原料の安全性を、モニタリング検査により継続的に確認しています。

お客様の声検討会

お客様から寄せられるご意見・ご指摘について、品質保証担当役員、広報部、お客様相談室、品質保証部の責任者が常にその内容を確認・共有し、お客様の声に迅速にお答えすることができるよう、「お客様の声検討会」を毎週開催しています。

品質事故発生時の取り組み

消費者の信頼を損ねる恐れのある事故が発生した場合には、社員は速やかに経営トップに通報し、経営トップはただちに重要品質事故対策本部を立ち上げ、詳細な事実確認、原因調査、回収の検討、再発防止対策に取り組み、問題解決にあたります。