CSRの考え方

日清製粉グループ CSRの考え方

『信を万事の本と為す』と『時代への適合』という社是と、『健康で豊かな生活づくりに貢献する』という企業理念を着実に実践することそのものが、日清製粉グループの社会的責任であると考えます。
『信を万事の本と為す』という言葉が表すように、ステークホルダーの関心に誠実に耳を傾け、社会や環境への影響に配慮した事業を進めることを通じて、ステークホルダーの信頼を獲得することが、日清製粉グループの社会的責任の基本です。
さらに、『時代への適合』の観点から、日清製粉グループは、現代社会が直面する様々な社会課題に目を向け、それらを新たな事業機会と捉え、事業を通じて新たな社会的価値を創出することを目指してゆきます。
こうした社会的責任に対する取り組みを、すべての従業員とビジネスパートナーとともに推進し、社会の持続可能な発展に貢献するため、以下の取り組みを実践してゆきます。

1. コーポレートガバナンス

健全で実効性のあるコーポレートガバナンス体制を構築・維持します。

コーポレートガバナンスに関する基本方針(207.4KB)

2. 公正な事業慣行

法令遵守および国際行動規範の尊重に基づく、公正で倫理的な事業慣行の徹底を行います。それを実現するため、内部統制システムを構築・維持します。

3. 情報管理

個人情報を含む適切な情報の管理を行います。そのために必要な情報セキュリティの仕組みを構築・維持します。

4. 情報開示と対話

適時・適切・継続的に、公正な情報開示を行うとともに、日清製粉グループに関係する様々なステークホルダーの関心に配慮し、建設的な対話を推進します。

5. 消費者への責任と品質保証

消費者の視点に立ち、安全・安心・高品質、かつ、健康に配慮した製品・サービスを安定的に提供することを通じ、顧客満足の向上を追求し続けます。また、公正で責任ある消費者コミュニケーションおよびマーケティング活動を実践します。

6. 人権の尊重

従業員のみならず、お客様やビジネスパートナーを含めた、事業のバリューチェーンに関わる全ての人々の人権を尊重します。

7. 従業員満足

安全で健康的な職場の提供と、人材育成と多様性の推進を通じ、働きがいと従業員満足の向上を図ります。

8. 地球環境

事業に関係するあらゆる領域で環境負荷の低減に取り組み、持続可能な調達と資源の有効活用により地球環境との調和を図ります。

9. 社会参画

積極的なコミュニティ参画に対する取り組みを行い、健全で持続可能な社会の発展に寄与します。

10. 社会的価値の創出

顧客ニーズのみならず、社会課題を事業機会と捉え、日清製粉グループの持つ様々な有形・無形の資産を活用し、新たな発想に基づく事業に積極的にチャレンジします。

関連情報