健康経営の取組み

健康経営の取組みに対する考え方を社員と共有し、「健康」で「活き活き」と働けるよう、健康経営に取り組んでいます。

日清製粉グループ健康宣言

日清製粉グループは2019年7月に健康企業宣言を制定し、健康経営を推進しています。

日清製粉グループは社員の健康を最優先事項の一つとして考え、
社員が自ら活き活きと活躍できるよう支援をしていきます。
未来に向かって「健康」を支え
「食のインフラ」を担うグローバル展開企業の一員として、
社員は自らの健康増進に取り組み、
そして、お客様に健康をお届けしていきます。

私たちの基本的な考え方

「健康」という価値を世界に発信し続けている社員が「健康」で「活き活き」と働いている、その実現のために社員と会社が一緒になって取り組んでいく。それが日清製粉グループの健康経営です。同時に、当社グループは、グループ各社の商品を通じお客様に健康をお届けするよう取り組んでいます。

健康経営の実現のためには、「身体」と「心」がともに良い状態で調和が取れている必要があります。また、「働きやすい」「働きがいのある」環境を整えることは、「身体」と「心」の調和に良い効果をもたらすことが期待できます。

このような基本的な考えから、日清製粉グループでは、相互に関連する「働く環境」「身体のケア」「メンタルヘルスケア」を3つの柱と位置付けました。健康経営の推進をグループの事業計画に重要課題として織り込み、3つの柱のKPI達成に向けさまざまな施策に取り組んでいきます。

3つの柱

健康経営数値目標(2026年度末までの目標)

(株)日清製粉グループ本社では、健康経営のPDCAを回すため、3つの柱のKPIについて、目標を定めています。中期経営計画と連動し、2026年度末までの達成を目指します。

働く環境:ストレスチェックの「職場環境によるストレス」「働きがい」の項目における偏差値55の達成
身体のケア:適正体重維持者割合80%の達成
メンタルヘルスケア:ストレスチェック「総合健康リスク」80の達成

定量目標については、(株)日清製粉グループ本社のものですが、健康経営は日清製粉グループ全体で推進していきます。今までの実績はこちら

組織図

社長をトップとした体制で、健康保険組合、労働組合とも連携し、総務本部長、総務部健康経営担当とともに健康経営を推進しています。

組織図

健康経営取組み施策について

3つの柱のKPI達成を通じて、社員が主体的に自身の健康を考えることのできる環境を創出しています。

働く環境

柔軟な働き方の制度活用(在宅勤務制度・コアタイムを撤廃したフレックスタイム制度・時間単位年休 等)、オフィス環境の見直し(昇降デスク ・集中ブース・デュアルモニターの導入)

身体のケア

腰痛・肩こり予防ストレッチセミナー
インストラクターによる腰痛・肩こり予防ストレッチセミナー(Webによる実施)

運動習慣の定着を目的とした運動セミナー、社員食堂でのスマートミール認証取得・健康アプリの導入、生活習慣病対策を目的としたチャット式医療相談の提供 等

昼食プログラムと専門家による講演会
社員食堂で提供する昼食プログラムと専門家による内臓脂肪についての講演会 ※継続的に摂取することで内臓脂肪減少を助ける

運動セミナー

2019年度:計3回実施、139名が参加
2020年度:計3回実施、243名が参加(Webによる開催)
2021年度:計3回実施、140名が参加(Webによる開催)

内臓脂肪をためにくい昼食プログラム

2019年度:60名が参加、全体の70.9%の参加者が、プログラム後に内臓脂肪が減少

健康アプリの導入

2020年度上期:149名が参加

〈参加者の声〉

メンタルヘルスケア

睡眠セミナー
質の高い睡眠を取るコツを学ぶ睡眠セミナー(Webによる実施)

eラーニングによるセルフケア・管理職向けのラインケア、睡眠セミナー等の実施 等

eラーニング

2019年度:セルフケア研修受講率81.4%、ラインケア研修受講率82.8%
2020年度:セルフケア研修受講率84.9%、ラインケア研修受講率83.0%
2021年度:セルフケア研修受講率80.1%、ラインケア研修受講率89.6%

睡眠セミナー

2020年度上期:計2回実施、60名が参加(Webによる開催)

〈参加者の声〉

その他の取組み施策

データヘルス計画への取組み

政府の「日本再興戦略」において、国民の予防・健康管理の推進に関する新たな仕組みづくりとして、全ての健康保険組合に対し、レセプト等のデータの分析、それに基づく加入者の健康保持増進のためのより効果的・効率的な事業計画として「データヘルス計画」の作成・公表等の取組みが求められています。
当社グループの日清製粉健康保健組合は第1期データヘルス計画に引き続き、2018年度からスタートした第2期データヘルス計画を策定しています。今後も日清健康保険組合と協力し、従業員の健康管理を推進します。

「健康経営優良法人(大規模法人部門(ホワイト500))」に認定されました

健康経営優良法人 ホワイト500

経済産業省が実施する「健康経営度調査」において、これまでの当社の健康経営に関する取り組みが評価されたことから、2022年3月に「健康経営優良法人(大規模法人部門 ホワイト500)」に認定されました。
グループ全体で健康経営の取り組みを推進した結果、新たに株式会社日清製粉ウェルナ、オリエンタル酵母工業株式会社が「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されました。

「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。