早ゆでスパゲティ

時代に求められる価値を創り続ける

1986年から続く、“早ゆで”の研究

「早ゆでスパゲティ」シリーズは、スパゲティのおいしさ、時短、使いやすさを追求して、皆様の生活に貢献したいという想いをかたちにした商品です。その歴史は、麺にV字型の切り込みを入れるという画期的な手法で早ゆでを実現し、1986年に発売した「プロント」から始まりました。

「プロント」で培った技術を着実に進化させ、2011年に「風ぐるま形状」のスーパープロント製法を開発、2015年には1.8mm以上のスパゲティの早ゆで効果を高める4枚羽の「風ぐるま形状」を開発するなど、時代のニーズに合わせた多様な商品を提案してきました。そして現在では、太さのバリエーション以外にも、サラダスパゲティ、2/3サイズ、結束タイプ、ショートパスタ等の幅広いラインアップを展開し、スパゲティのある食卓を便利に、豊かにしています。

1986年から続く、早ゆでスパゲティの研究

1986年から続く、早ゆでパスタの研究

日清製粉グループならではの
特許技術「風ぐるま形状」

ゆで時間を短縮する秘訣は、麺に入れる溝です。溝の角度や深さによって食感が大きく変化するため、細めのスパゲティはアルデンテ感を、太めのスパゲティはモチモチ感を強調するなど、麺の太さに合わせた食感のコンセプトごとに、形状を変える必要がありました。そうした商品開発のなかで生まれたのが、ゆで時間短縮と本格食感の両立を実現した幅広いラインアップの「風ぐるま形状」です。その開発には、麺のダイス(パスタの製造に使用される型)から自社設計できる強みを活かした技術や長年蓄積してきた工場での製造ノウハウ等、日清製粉グループならではの強みが活かされています。

特許技術「風ぐるま形状」のポイント

特許技術「風ぐるま形状」のポイント

断面の丸さの追求

「風ぐるま形状」は、適切に設計しなければゆで上がり後の断面がきれいな円にならず溝がきれいに閉じません。そこで、設計の微調整を繰り返すことで、ゆで上がり後の断面の丸さを追求。最適な溝の角度と深さに調整することで、ゆで上がり後の美しい断面形状と本格食感を同時に実現しました。

安全で、安定した生産体制の追求

「風ぐるま形状」の麺は通常のスパゲティとは断面が異なるため、生産時の押出し後や乾燥後に設計通りの形状にならないことがあります。また、麺の強度上の理由から運搬や包装時にもデリケートな扱いが必要です。そこで開発と生産が一丸となり、試行錯誤を重ねながら麺の強度や特性に合わせた安全・安心かつ安定した生産体制を確立しました。

早ゆでスパゲティの
新しい付加価値を追求

研究シーン

今後も拡大が続くと考えられる時短・簡便ニーズに応えていくために、早ゆでの技術をさらに高め、新しい価値を生み出していきます。そのために、現在の「早ゆでスパゲティ」シリーズの価値そのものを高めていくのはもちろん、単にゆで時間が短いだけでなく小鍋でも調理できるなど、消費者ニーズに合わせた付加価値を付けていくことも視野に入れています。

また、需要の高まりに合わせて、生産部門とも連携し、工場の生産性をさらに高めていく方針です。“早ゆで”の進化に終わりはありません。これからも時代のニーズに応える新商品を提案し、食卓にうれしい“早さ”と“おいしさ”をお届けしていきます。

技術開発においては「できないことはない」という信念を持ち、特に専門分野であるスパゲティの開発では結果にこだわるのはもちろん、生産部門と緊密に連携することも大切にしています。そして、プライベートでは日頃から自分で料理をすることで消費者感覚を養うとともに、「こんな商品があったらいいな」という気づきを大切にしています。これからも消費者の視点を開発に活かし、生産部門と力を合わせて商品開発に取り組んでいきます。

日清フーズ株式会社
プロダクトマネジメント統括部木村 竜介※ 所属は取材当時

ポートレート