CSR重要課題(マテリアリティ)

CSR重要課題の特定

日清製粉グループでは、ステークホルダーの最大の関心事であり、当社グループの事業に最も影響する社会課題に優先的に取り組むため、CSR重要課題を特定いたしました。CSR重要課題については社会環境の変化を踏まえ、定期的に見直していきます。

2019年3月26日制定

重要課題特定のプロセス

専門家の協力を得て、以下の手順で約60の重要課題を抽出しました。

  • 国際規範やSRI評価機関アンケート等からの課題候補検討

    GRIスタンダード、ISO26000、SRI評価機関のレビュー項目、同業他社の事例等を参照し、課題候補をリストアップしました。

  • バリューチェーン分析による課題の整理

    事業部門からのヒアリング・工場視察を通じて、工程、調達品目、労働者の状況を把握し、主要事業のバリューチェーン別に課題をプロットしました。

  • ステークホルダーの関心の評価

    SRI評価機関の評価内容、NGOからの質問状等からステークホルダーの関心度合いを3段階(高・中・低)に格付けしました。

  • 事業への影響の評価

    長期ビジョン「循環成長」に影響を与える度合いから「ステークホルダーの関心の評価」と同様に3段階で格付けし、マトリックス図に整理しました。

当社グループのCSR重要課題

マトリックス図の約60の課題の中から、今後の取組みの方向性を加味し、5つの注力分野として整序し、下記の「当社グループのCSR重要課題」としてまとめました。

5つのCSR重要課題

安全で健康的な食の提供と
責任ある消費者コミュニケーション

  • SDGs3 すべての人に健康と福祉を
重点テーマ アプローチ・目標
食品安全の確保 消費者視点の品質保証と品質保証体制の継続的強化
  • 食品安全マネジメントシステムの認証取得と維持
責任ある消費者
コミュニケーション
公正で責任ある消費者コミュニケーション
  • 倫理や人権、環境に配慮した広告宣伝活動の実践
  • 消費者エンゲージメントの向上への取組みの推進
健康的な食生活への貢献 小麦の成分を中心とした、メタボ予防効果、
脳機能やアンチエイジングに関する効果等、
各種の健康機能性の研究開発

重要課題への取組み

安定的かつ持続可能な原材料の調達推進

  • SDGs14 海の豊かさを守ろう、SDGs15 陸の豊かさも守ろう
重点テーマ アプローチ・目標
小麦の安定的な調達 主要原料の小麦の持続可能な調達
  • 小麦の気候変動リスクの把握と対応
持続可能な原材料調達 公正で倫理的な取引を基本とした責任ある調達活動推進
  • 「責任ある調達方針」の実践
  • サプライチェーン管理の強化

重要課題への取組み

食品廃棄物、容器包装廃棄物への対応

  • SDGs12 つくる責任つかう責任
重点テーマ アプローチ・目標
食品廃棄物の削減 食品廃棄物の削減を推進し、持続可能な食料システムの構築に貢献
  • 2030年度までに原料調達からお客様納品までの食品廃棄物の50%以上削減(2016年度比)※1
  • サプライチェーン各段階のお取引先とともに食品廃棄物を削減
容器包装廃棄物への取組み サプライチェーンの各段階のお取引先とともに
3R+Renewableを推進
  • 2030年度までに化石燃料由来のプラスチック使用量の
    25%以上削減(2019年度比)※2
  • 環境に配慮した設計等プラスチック資源の循環を促進
  • バイオマスプラスチック、再生プラスチック、再生紙
    FSC認証紙等の持続可能な包装資材の使用を推進
  • ※1 対象は国内グループ会社。イニシオフーズ株式会社、株式会社ジョイアス・フーズ、トオカツフーズ株式会社は2019年度比
  • ※2 対象は国内グループ会社

重要課題への取組み

気候変動及び水問題への対応

  • SDGs6 安全な水とトイレを世界中に、SDGs13 気候変動に具体的な対策を
重点テーマ アプローチ・目標
気候変動への適応とその緩和 省エネ技術導入や再生可能エネルギー活用を推進し
脱炭素社会の構築に貢献
  • 2050年までにグループの自社拠点でCO2排出量実質ゼロ
  • 2030年度までにグループの自社拠点でのCO2排出量50%削減(2013年度比)
  • サプライチェーンにおけるCO2排出量の削減
水資源への取組み サプライチェーン各段階のお取引先とともに限りある資源である水の有効利用
  • 2040年度までに工場の水使用量原単位30%削減(2021年度比)※3
  • ※3 対象は国内・海外グループ会社

重要課題への取組み

健全で働きがいのある労働環境の確保

  • SDGs5 ジェンダー平等を実現しよう、SDGs8 働きがいも経済成長も
重点テーマ アプローチ・目標
多様性の尊重 人間性と多様性を尊重し、ワーク・ライフ・バランスに配慮した職場づくり
  • 2022年度国内女性管理職比率15%以上(日清製粉グループ本社)
人材育成 社員一人ひとりが能力を発揮し、成長を実感できる人材育成
  • 次世代事業経営者の育成
  • 技術系人材の各専門分野における能力開発
  • グローバル人材の育成
従業員の労働環境と健康
  • 労働安全衛生管理活動の継続的な強化(労働災害発生ゼロ)
  • 働き方改革の推進
  • 健康経営の推進:「働く環境」「身体のケア」「メンタルヘルスケア」3つの柱で施策を実行

重要課題への取組み